こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
ヨークシャテリア(ヨーキー)

ブリーダーからヨークシャテリア(ヨーキー)を購入する際に気を付けたいポイント

1.購入を検討しているヨークシャテリア(ヨーキー)ブリーダーの信頼性


ブリーダーから直接ヨークシャテリア(ヨーキー)の子犬を迎えたいと思う方が多いと思います。多くの方は、まずインターネットで情報を探し、自宅に近く、家族等と一緒に犬舎を見に行きやすいブリーダーにコンタクトをとるようです。また、ブリーダーから直接ヨークシャテリア(ヨーキー)を購入した身近な人が居る場合は、ぜひ紹介して貰いましょう。
ブリーダーに対してヨークシャテリア(ヨーキー)に関する疑問点をいろいろとぶつけてみることが、後々の後悔を避ける一つの方法です。ブリーダーから初めてヨークシャテリア(ヨーキー)を購入する人は、不安な点がたくさんあると思います。かかりやすい病気や、しつけの方法や散歩の頻度、トリミングの頻度など、健康面から日常の悩みまで、いろんなことをご質問して相性を確かめてください。

2.ブリーダーからヨークシャテリア(ヨーキー)購入の際に知っておきたい犬種の特徴


ヨークシャテリア(ヨーキー)は、忠実で活発な性格です。冒険が大好きで、小柄なわりにはいつも何か事件を起こすほどパワフルな犬種です。また、忍耐力があり賢いため、しつけ次第で心強いパートナーになるでしょう。喜怒哀楽があって、犬ながらにして表情もとても豊かです。しかし、ヨークシャテリア(ヨーキー)は、おとなしいだけではなく、警戒心や活気も常に持ち合わせています。するどい感覚と知性も持っていて、自分の縄張りはしっかり守ろうとしますので、番犬に適しています。また、とても甘えん坊で寂しがりやの部分もあり、留守番だと分かると、とても悲しそうな表情も見せます。少し頑固なところもありますので、小さい頃からしつけはしっかり行うようにしましょう。また、ヨークシャテリア(ヨーキー)は、子供や小動物に対しては、とっても優しく接します。気持ちが温厚なので、人間の子供などにしつこくされても嫌がらずにじっとしているような犬種で、滅多に怒る事はありません。



3.ブリーダーからヨークシャテリア(ヨーキー)を購入した後の育て方


  • ヨークシャテリア(ヨーキー)のしつけを始める時期

    ヨークシャテリア(ヨーキー)のしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にヨークシャテリア(ヨーキー)の場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。さらに言うことを聞いたら大袈裟なくらい褒めてあげましょう。
  • ヨークシャテリア(ヨーキー)のトイレトレーニング

    子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでヨークシャテリア(ヨーキー)がゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらヨークシャテリア(ヨーキー)をゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。あまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いヨークシャテリア(ヨーキー)で1週間、遅いヨークシャテリア(ヨーキー)で2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。
  • ヨークシャテリア(ヨーキー)の無駄吠え

    ヨークシャテリア(ヨーキー)は警戒心が強く吠えやすいので、しっかりとしつけて無駄吠えをなくしましょう。まず大事なのは吠えたら叱ることです。ヨークシャテリア(ヨーキー)の目を見て、毎回同じ言葉で叱ること。もしくは大きな音をだすことが大切です。ヨークシャテリア(ヨーキー)が吠えるのはかまって欲しいという訴えなので、遊んでいると思われない為にもちゃんと叱ることが大切とブリーダーは話します。また吠える前に遊んであげたりご飯をあげたりすることで、吠えなくてもいいということを覚えさせましょう。
  • ヨークシャテリア(ヨーキー)の食事

    ヨークシャテリア(ヨーキー)の食事は一日二回が基本。ブリーダーによると線の細いヨークシャテリア(ヨーキー)の場合一日三回でも良いのですが、一日一回だと一回の摂取量が多くなり、太る原因になります。ブリーダーが与えていたフードからスタートしましょう。また食事の量は腹八分目程度が良いでしょう。さらにヨークシャテリア(ヨーキー)に餌を与えるときの注意として、生後10ヶ月ほどは専用のドッグフードを与えてあげましょう。
  • ヨークシャテリア(ヨーキー)の睡眠

    ヨークシャテリア(ヨーキー)の子犬は一日に平均して18時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またヨークシャテリア(ヨーキー)は本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、ヨークシャテリア(ヨーキー)が安心して眠れるクレートなどを用意してあげるといいでしょう。
  • ヨークシャテリア(ヨーキー)の散歩

    ヨークシャテリア(ヨーキー)などの超小型犬は一日に二回(朝と夕)の散歩が必要です。特にヨークシャテリア(ヨーキー)は一回の散歩時間は約15分から20分の間の散歩が最適と言われています。座敷犬だと面倒くさがらず、ストレス発散や社会性を身につけさせるためにも散歩習慣化してあげましょう。
  • ヨークシャテリア(ヨーキー)の予防接種

    ヨークシャテリア(ヨーキー)が子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。混合ワクチンは、生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。狂犬病予防接種は、犬にとって一番怖い病気の一つです。ヨークシャテリア(ヨーキー)の子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。


4.ブリーダーから購入した後のヨークシャテリア(ヨーキー)の手入れ


ヨークシャテリア(ヨーキー)の手入れは一日1回が目安となります。外でホコリやゴミをつけてしまう散歩の後に行うのがおすすめです。ブラッシングをしない日が続くと、毛がからみブラシやコームの通りが悪くなります。無理に梳かすと切れ毛を作ってしまうだけでなく、愛犬が痛みを感じてブラッシングを嫌がるようになることがあるのでこまめにブラッシングをしてあげましょう。



5.ブリーダーから購入した後に気を付けたいヨークシャテリア(ヨーキー)の病気


ヨークシャテリア(ヨーキー)は膝蓋骨脱臼や気管虚脱などがあります。また低血糖症や進行性網膜萎縮症などがよくあると言われています。手入れや食事に気を使ってあげるだけでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。