こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
パピヨン

パピヨン

【パピヨン概要|パピヨン ブリーダー解説】
パピヨンは見た通り華奢で、どこか繊細で優美な雰囲気を持ち合わせています。敏捷で軽やかな足取りで優雅に歩きます。豊かな被毛はまっすぐで長く、絹糸のように美しく流れています。 人なつこいながらも警戒心を備えた表情と、蝶のような耳がパピヨンの最大の特徴といえるでしょう。見知らぬ人や他の犬、他のペットとも仲よくし、子供の相手としても理想的といえます。

【パピヨンの育て方|パピヨン ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
多くのブリーダーはパピヨン(他の犬にも言えることですが)のしつけの時期は早ければ早いほど良いと言います。特にパピヨンの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えます。しつけが遅れると犬だけでなく飼い主にも苦痛が増えます。言うことを聞かなくなると、怒る回数が増えますし、犬もなぜ怒られているのかわからない為、ストレスになります。

●トイレトレーニング
子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。パピヨンが食事後などでゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげましょう。20〜30分したらパピヨンをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、パピヨンをゲージに入れておきます。あまり長くゲージの外に出し過ぎるとおしっこをもらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いパピヨンで7日間、遅いパピヨンで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。

●無駄吠え
まずパピヨンが無駄吠えする理由については、警戒心を示している場合と何かを要求している場合、さらに何かを飼い主に知らせている場合この3つのパターンが考えられます。パピヨンが子犬の時から甘やかして育ててしまうと、パピヨンからの要求が増えて、始終無駄吠えをしてしまいます。なので、遊んで欲しいことが分かったとしても、その要求には応えずに無視することが必要です。パピヨンを無視する時間は約15分程度、もしそれでもおさまらない場合は、部屋を出てしまうのもよい方法です。そのままパピヨンの鳴き声が聞こえなくなったら戻ってスキンシップをとってあげるのもコツです。最も良い方法は、パピヨンと無駄吠えする前からしっかり遊んであげること、抱っこしたり撫でてあげたりして、構ってくれることをアピールすることです。
●食事
パピヨンの食事の回数は、子犬なら3〜4回、パピヨンの成犬で1〜2回にします。パピヨンは胃袋も大きくはないため、食べ過ぎよりも腹八分で気持ち足りないくらいがちょうどいいでしょう。15分程度ですべて食べてしまうくらいの量が適切とよく言われていますが、個体ごとに適量は違いますので、便の量や固さを見て調整してあげましょう。
●睡眠
パピヨンの子犬は一日に平均して19時間、パピヨンの成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またパピヨンは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、ゆっくりと休ませて、眠らせてあげましょう。
●散歩
パピヨンは小型犬ですが活発なわんちゃんです。散歩や運動は大好きで、目安は朝夕1〜2回、各15〜20分程度がいいですね。また、パピヨンが成犬になるにしたがって外に慣れてきたら、散歩のコースや時間はなるべく決めないようにしましょう。定刻の散歩が習慣になると、パピヨンがその時間に催促して吠え出したり、通い慣れた道では率先して歩こうとしたりします。主導権はつねに飼い主がとるようにしましょう。運動の量は、体格や年齢、環境、食事などによって違います。パピヨンの様子を見ながら調整しましょう。
●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
パピヨンが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。
▶混合ワクチン:
生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。
▶狂犬病予防接種:
犬にとって一番怖い病気の一つです。パピヨンの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。
▶フィラリア:
寄生虫の一種であるフィラリアは蚊を介して虫が犬の体内に入り込みます。このため蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切な愛犬の為にしっかりと予防してあげましょう。
【手入れ|パピヨン ブリーダー解説】
ブラッシングは毛並みを美しく整えるだけでなく、ノミやダニ、ホコリなどを取り除き、皮膚の血行を促します。毛玉をつくらないためにも、1日1回のブラッシングを心がけましょう。パピヨンは長毛種のなかでは比較的抜け毛の少ない犬種ですが、春は新陳代謝が盛んになり、夏毛に生え変わるために抜け毛が多くなるでしょう。耳の飾り毛といったフサフサの毛並みは、なんと言ってもパピヨンのチャームポイントですね。意外と細くて切れやすい毛なので、優しくブラッシングするようにしましょう。ブラッシングの際に、毛をきちんとかき分けてノミやダニ、皮膚病をチェックするといいですね。とくに梅雨時はノミが多発する時期なので念入りにしてあげましょう。
【代表的な病気|パピヨン ブリーダー解説】
パピヨンの有名な病気は膝蓋骨脱臼や眼瞼内反症です。また逆さまつげなどもパピヨンのようなわんちゃんにはよくある病気でしょう。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別パピヨン ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のパピヨン ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のパピヨン ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のパピヨン ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のパピヨン ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のパピヨン ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のパピヨン ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のパピヨン ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のパピヨン ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のパピヨン ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のパピヨン ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。