こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
ポメラニアン

ポメラニアン

【ポメラニアン概要|ポメラニアン ブリーダー解説】
まるで毛糸玉のようなポメラニアンは、一時もじっとしていない活発な犬種です。好奇心旺盛で、遊び好き、いつも自信に満ちています。いつも何かゲームや冒険をしようと身構えているようなところがあります。アグレッシブな性格なので、臆さず物事にチャレンジしますし、頭がよいために、しつけるのが、難しくありません。人の指示に従える賢さがあります。また、ポメラニアンは元々が寒い地方でソリを引いていた血統のため、小さな体からは想像もできない、勇敢さを持ち合わせています。加えて、ポメラニアンにもっとも近い祖先は、番犬としても定着していたため、警戒心があります。ポメラニアンもこの気質を受け継いでいるため、見知らぬものが来たときも、持ち前の勇敢さと警戒心で立ち向かう強さを持っています。ポメラニアンはとにかく素直で、自分の気持ちに正直に行動します。ポジティブで感情豊か、あきらめない勇猛果敢性格、それでいて調和と協調性も持ち合わせているので、とても飼いやすい犬種です。

【ポメラニアンの育て方|ポメラニアン ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
ポメラニアンのしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にポメラニアンの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。ポメラニアンの好奇心が芽生えてくるのが、2ヶ月から3ヶ月と言われているからです。しつけに対しても意識的に対応できる頃です。特にポメラニアンのしつけのコツは、毎日のように反復させて一個一個を着実に教えていくこと。さらに言うことを聞いたら大袈裟なくらい褒めてあげましょう。
●トイレトレーニング
子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでポメラニアンがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらポメラニアンをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。あまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いポメラニアンで1週間、遅いポメラニアンで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。

●無駄吠え
ポメラニアンは特に狩猟犬として生きてきた犬種ではありませんが、耳がとても良く大きな群れに適した犬種です。また特徴としては完全に縦割り式の群れに従うような本能を持っていて、飼い主が強いリーダーシップを示さないと無駄吠えや迷惑行動を取る犬になってしまいます。ポメラニアンの無駄吠えや迷惑行動をやめさせるためには、家族全員がポメラニアンに対して主人であるということを示さなくてはなりません。しつけ方としては無駄吠えをした時に大きな声で叱りつけたり叩いたりしては逆効果ですので、口を押さえて下を向かせ、静かにしなさいなどと小さな声で牽制するとよいでしょう。

●食事
ポメラニアンが子犬のころは消化器官が未発達なので、一日に3回から4回に食事を分けて与えてあげるといいでしょう。フードをお湯で15分から20分ほどかけてふやかしてあげます。ふやけたフードを冷ましてあげてから与えてあげましょう。尚3ヶ月を超えた犬には固いフードを与えても良いでしょう。徐々に回数を減らし、その分一回一回のフードの量を増やしていくといいですね。

●睡眠
ポメラニアンの子犬は一日に平均して18時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またポメラニアンは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、ポメラニアンが安心して眠れるクレートなどを用意してあげるといいでしょう。

●散歩
ポメラニアンは好奇心旺盛の犬種ですので、お散歩は彼らにとって大きな楽しみです。しかしポメラニアンは骨格がしっかりしてくるまで約半年かかるので、それまでは軽めのお散歩におさえる方がよいでしょう。それ以降は一日に15〜20分のお散歩をしてあげましょう。ポメラニアンはあまり運動量の多い犬種ではないのですが、15分のお散歩で十分に外の世界を体験させてあげましょう。

●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
ポメラニアンが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。混合ワクチンは、生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。狂犬病予防接種は、犬にとって一番怖い病気の一つです。ポメラニアンの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。

【手入れ|ポメラニアン ブリーダー解説】
ポメラニアンは抜け毛が多い犬種ですので、やはり毎日のブラッシングは必要です。特に耳の飾り毛は毛質が柔らかく、毛玉が出来やすいので、きちんとブラッシングを行なって下さい。またポメラニアンはダブルコートと呼ばれるアンダーコートとオーバーコートが2重になっている被毛を持っておりますので、換毛期が春と秋にあり、その時には毛が大量に抜け落ちるのでブラッシングが必要となります。シャンプーは月に一度位で十分ですが、そのぶんブラッシングをこまめにやってあげましょう。ポメラニアンには換毛期があるため、それほど毛が長くなる事はありません。

【代表的な病気|ポメラニアン ブリーダー解説】
ポメラニアンはストレスからの低血圧症や脇蓋骨内方脱臼、レッグペルテス病などがあります。また環椎軸椎脱臼などがよくあると言われています。手入れや食事に気を使ってあげるだけでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別ポメラニアン ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のポメラニアン ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のポメラニアン ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のポメラニアン ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のポメラニアン ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のポメラニアン ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のポメラニアン ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のポメラニアン ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のポメラニアン ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のポメラニアン ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のポメラニアン ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。