こいぬすてっぷ

都道府県から子犬・ブリーダーを探す

お探しの対象(子犬・ブリーダー・交配犬)とご希望の取引方法を選択の上、都道府県か地方をお選びください。

Map e49d5e0ff21fbb68176a8f52e3b0471a188677a18efdc9e5529a63239354680a
北海道(34)北海道(148)北海道(189)北海道(220)
北海道(札幌市)(34)北海道(札幌市)(148)北海道(札幌市)(189)北海道(札幌市)(220)
東北(6)東北(126)東北(127)東北(198)
青森県(0)青森県(115)青森県(121)青森県(152)
岩手県(3)岩手県(116)岩手県(101)岩手県(131)
宮城県(仙台市)(2)宮城県(仙台市)(119)宮城県(仙台市)(122)宮城県(仙台市)(156)
秋田県(0)秋田県(113)秋田県(120)秋田県(150)
山形県(0)山形県(113)山形県(120)山形県(150)
福島県(1)福島県(116)福島県(99)福島県(131)
関東(378)関東(574)関東(570)関東(639)
東京都(55)東京都(241)東京都(216)東京都(293)
神奈川県(川崎市/横浜市)(29)神奈川県(川崎市/横浜市)(191)神奈川県(川崎市/横浜市)(167)神奈川県(川崎市/横浜市)(228)
埼玉県(さいたま市)(114)埼玉県(さいたま市)(277)埼玉県(さいたま市)(242)埼玉県(さいたま市)(292)
千葉県(千葉市)(29)千葉県(千葉市)(185)千葉県(千葉市)(137)千葉県(千葉市)(200)
群馬県(0)群馬県(148)群馬県(113)群馬県(163)
栃木県(87)栃木県(239)栃木県(196)栃木県(254)
茨城県(64)茨城県(219)茨城県(176)茨城県(234)
甲信越(5)甲信越(130)甲信越(103)甲信越(202)
山梨県(0)山梨県(121)山梨県(98)山梨県(136)
長野県(3)長野県(128)長野県(101)長野県(143)
新潟県(新潟市)(2)新潟県(新潟市)(122)新潟県(新潟市)(100)新潟県(新潟市)(137)
北陸(3)北陸(143)北陸(37)北陸(215)
富山県(2)富山県(129)富山県(36)富山県(144)
石川県(1)石川県(129)石川県(35)石川県(144)
福井県(0)福井県(140)福井県(34)福井県(155)
東海(92)東海(253)東海(164)東海(325)
静岡県(浜松市)(42)静岡県(浜松市)(189)静岡県(浜松市)(78)静岡県(浜松市)(204)
愛知県(名古屋市)(38)愛知県(名古屋市)(196)愛知県(名古屋市)(108)愛知県(名古屋市)(233)
岐阜県(0)岐阜県(144)岐阜県(34)岐阜県(159)
三重県(12)三重県(158)三重県(46)三重県(173)
関西(301)関西(538)関西(504)関西(592)
大阪府(大阪市/堺市)(206)大阪府(大阪市/堺市)(428)大阪府(大阪市/堺市)(346)大阪府(大阪市/堺市)(460)
兵庫県(神戸市)(7)兵庫県(神戸市)(229)兵庫県(神戸市)(87)兵庫県(神戸市)(261)
京都府(京都市)(62)京都府(京都市)(286)京都府(京都市)(120)京都府(京都市)(301)
滋賀県(18)滋賀県(225)滋賀県(97)滋賀県(240)
奈良県(8)奈良県(217)奈良県(74)奈良県(254)
和歌山県(0)和歌山県(190)和歌山県(44)和歌山県(205)
中国(14)中国(186)中国(74)中国(248)
鳥取県(0)鳥取県(139)鳥取県(34)鳥取県(149)
島根県(0)島根県(132)島根県(56)島根県(169)
岡山県(岡山市)(10)岡山県(岡山市)(176)岡山県(岡山市)(44)岡山県(岡山市)(186)
広島県(広島市)(3)広島県(広島市)(151)広島県(広島市)(63)広島県(広島市)(183)
山口県(1)山口県(142)山口県(35)山口県(152)
四国(27)四国(232)四国(212)四国(299)
徳島県(0)徳島県(156)徳島県(109)徳島県(166)
香川県(15)香川県(217)香川県(177)香川県(227)
愛媛県(0)愛媛県(154)愛媛県(130)愛媛県(186)
高知県(12)高知県(165)高知県(120)高知県(175)
九州/沖縄(47)九州/沖縄(231)九州/沖縄(194)九州/沖縄(250)
福岡県(福岡市/北九州市)(23)福岡県(福岡市/北九州市)(158)福岡県(福岡市/北九州市)(148)福岡県(福岡市/北九州市)(191)
佐賀県(2)佐賀県(171)佐賀県(146)佐賀県(182)
長崎県(0)長崎県(126)長崎県(99)長崎県(136)
熊本県(熊本市)(9)熊本県(熊本市)(136)熊本県(熊本市)(108)熊本県(熊本市)(146)
大分県(4)大分県(130)大分県(125)大分県(162)
宮崎県(4)宮崎県(128)宮崎県(125)宮崎県(161)
鹿児島県(5)鹿児島県(128)鹿児島県(104)鹿児島県(139)
沖縄県(0)沖縄県(117)沖縄県(121)沖縄県(155)
Map e49d5e0ff21fbb68176a8f52e3b0471a188677a18efdc9e5529a63239354680a
北海道(23)
北海道(札幌市)(23)
東北(21)
青森県(1)
岩手県(2)
宮城県(仙台市)(11)
秋田県(1)
山形県(2)
福島県(4)
関東(242)
東京都(54)
神奈川県(川崎市/横浜市)(37)
埼玉県(さいたま市)(52)
千葉県(千葉市)(36)
群馬県(9)
栃木県(27)
茨城県(27)
甲信越(15)
山梨県(3)
長野県(7)
新潟県(新潟市)(5)
北陸(8)
富山県(4)
石川県(3)
福井県(1)
東海(90)
静岡県(浜松市)(27)
愛知県(名古屋市)(35)
岐阜県(10)
三重県(18)
関西(141)
大阪府(大阪市/堺市)(71)
兵庫県(神戸市)(28)
京都府(京都市)(21)
滋賀県(9)
奈良県(7)
和歌山県(5)
中国(35)
鳥取県(0)
島根県(2)
岡山県(岡山市)(15)
広島県(広島市)(12)
山口県(6)
四国(22)
徳島県(6)
香川県(8)
愛媛県(6)
高知県(2)
九州/沖縄(88)
福岡県(福岡市/北九州市)(34)
佐賀県(8)
長崎県(5)
熊本県(熊本市)(15)
大分県(7)
宮崎県(7)
鹿児島県(8)
沖縄県(4)
柴犬

柴犬をブリーダーから購入する際に注意したいポイント

柴犬は、昨今人気が急上昇しており、海外からも注目を集めている犬種です。お迎えする方法には、

  • ・ペットショップで購入する
  • ・ブリーダーから購入する
  • ・保護犬を迎える

等、いくつかの手段があります。中でも、直接ブリーダーから購入する方法がここ数年では急増しています。多くの人はインターネットでブリーダーの情報を探し、家族と一緒に犬舎を見に行きやすい場所のブリーダーを選択するそうです。知人の紹介がない限り、今はインターネットで検索をするのがほとんどかと思います。しかし、そこで出てくる大量の情報から、優良なブリーダーを選ぶことは至難の業ですよね。そこで今回は、ブリーダーから直接柴犬の子犬を迎えたいとお考えの人へ、注意したいポイントを紹介していきます。

柴犬をブリーダーから購入する前に

柴犬の犬種について勉強する(詳しくなる)

ブリーダー選びのポイントの前に重要なのが、まず柴犬について詳しく知っておく、ということです。知識不足で判断できない事がたくさん出てきては、ブリーダー以前に自分の家庭にぴったりの柴犬を選ぶ事も出来ません。気になるブリーダーに疑問点を問いかけられるように、まずは自分自身が柴犬の犬種に詳しくなる必要があります。

柴犬のブリーディング知識について触れておく

優良なブリーダーを選択するにあたり、子犬を作出するためのブリーディングの方法等も頭に入れておくことをおすすめします。なぜなら、柴犬の販売が最優先のブリーダーは、遺伝性疾患や健康等に気を回さず血統やカラーの禁忌を犯したり、親犬へのケアや遺伝子検査といった子犬の健康に関わる部分を疎かにしていたりと、目に見えない問題を抱えている可能性があるためです。

また、衛生面が気になるような犬舎は消毒・感染症予防が不十分で引き取り後に病気を発症してしまうこともあります。子犬の健康管理についても確認しておくことで、ブリーダーから子犬を引き取った後の不安も大幅に減らすことができます。

柴犬を飼う前に家族でしっかり話し合う

優良ブリーダーのほとんどが口を揃えて希望することがあります。それは、柴犬の子犬を本当に家族として迎え入れることができるのか「しっかり考える」ことです。柴犬を子犬で迎えれば15年程は一緒に生活することになります。ただ可愛いだけでなく、生活環境も変わり、大変な面や共に生活する上で不自由になる部分もあるでしょう。迎えてから「やっぱり無理だった」ではあなたも柴犬も幸せではありません。柴犬は無償の愛を注いでくれます。しっかり応えられる心構えをしてから、温かい気持ちでお迎えしましょう。

柴犬をブリーダーから購入する際のポイント

犬舎を訪れて直接様子を確認しブリーダーに質問をする

やむを得ない場合を除き、出来る限り、ブリーダーの犬舎を直接訪れて情報を得ることをおすすめします。犬舎の環境や臭い、子犬の親兄弟、ブリーダーの人柄やブリーディングに対するこだわりなどはネット上のやり取りだけではほとんど伝わらないでしょう。安心して子犬をお迎えするためにも、現地を訪れて直接のやりとりしてみてください。

感染症予防のための消毒は徹底しているか、子犬の健康診断は行っているのか、親犬の遺伝子検査はしているか、母犬の出産年齢に制限を設けているか等々、気になる部分は細かいことでもとにかく質問してみましょう。子犬を販売する際、販売者は購入者への現物確認と対面説明が法律で義務付けられていますので遠慮は要りません。
ただし、犬舎を訪れる場合1日複数の犬舎訪問をするのは、感染症予防の観点からマナー違反となるので避けましょう。

サイズや見た目だけで判断しない

基本的には瞳に曇りがなく元気に走っているような子犬、また、食欲がよくあり痩せすぎていない子犬を選ぶと良いでしょう。ただし、見た目には分からない遺伝性疾患や感染症を抱えている場合もありますので、遺伝性の疾患の可能性はないか等もブリーダーに確認してみましょう。また、悪徳なブリーダーの中にはサイズが小さい分だけ高額な値段で子犬を販売することができるため、過剰な食事制限で慢性的に栄養失調の小さく脆弱な子犬もいます。あまりにサイズが小さい子犬は骨折などケガをしやすい可能性もあるので、子犬のサイズにはこだわらないことをおすすめします。

ブリーダーの人柄を見る

インターネット上のやりとりを経て犬舎を案内してもらう際、信頼関係を築けるブリーダーかどうかを見極めることは今後の快適な柴犬ライフにも関わってきます。疑問質問にしっかり応えてくれるか、心配事や契約の際に誠実な対応をしてくれたか、など安心の伴う取引を行えるブリーダーを選びましょう。ほとんどのブリーダーは、購入後も細かな質問・心配にも電話やメールで対応してくれますので、柴犬との生活での頼れるアドバイザーになってくれるでしょう。

ブリーダー選びの前に知っておきたい柴犬の特徴

ブリーダーから初めて柴犬を購入する人は、不安な点がたくさんあるかと思います。ここからは、知っておきたい柴犬のあれこれを紹介します。

柴犬は日本で一番多く飼われている日本犬です。古くから日本の風土や環境になじみ、日本犬独自の自立性を持つため飼育しやすい事が柴犬最大の長所と言えるでしょう。また柴犬は、忠実で従順、勇敢で行動的です。そして、大胆でありながらも沈着で冷静な判断力と内なる闘志を秘めており、番犬としても優秀な犬種です。主人や家族に対しても忠実で深い服従心を持ち、いつも自信に満ち溢れ凛とした雰囲気が漂います。そんな柴犬の資質に称賛をおくる海外の愛犬家も多く、近年では海外、特にアメリカで柴犬の人気が高まっています。

ブリーダーから柴犬を購入した後の育て方

柴犬のしつけ

ブリーダーから購入した柴犬は生後2ヵ月以上経過した子犬であることがほとんどでしょう。子犬のしつけを始めるには、ちょうどその頃から少しずつスタートしていくことが良いと言われていますが、まずは柴犬が新しい環境に慣れるまで最低でも2週間はかかります。家に迎え入れてからすぐにしつけを始めなくてはと焦るのではなく、はじめのうちは厳しくしすぎず、体調のいい日や落ち着いている時にトレーニングを行いましょう。
また、ブリーダーから購入した柴犬は、母犬や兄弟犬たちと2ヵ月間暮らしたことで犬の社会性が築かれ、ある程度のしつけがなされていることもあります。焦らずじっくりと、柴犬と飼い主の信頼関係を築きましょう。

トイレトレーニング

柴犬の子犬が体調の良い日にトレーニングを行いましょう。食事後などで柴犬がゲージ内のトイレでおしっこやうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげ、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。
なかなか排泄をしない場合は、20〜30分おきに柴犬をゲージ内に戻し、トイレをさせましょう。20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返すことで、1週間〜3ヶ月ほどでトイレの場所を覚えてくれます。失敗しても決して大きな声を出して怒ったりせず、焦らずにしつけていきましょう。

無駄吠え

柴犬という犬種はもともと主人に対して絶対的な服従をする犬種です。そのため飼い主がしっかりとしたリーダーシップをとらないと、群れを守るために自分がしっかりしないといけないという強いストレスを感じ、それが無駄吠えの原因となってしまうとも言われています。
そこでまず大切なのは、吠えている対象が何かを飼い主が把握することです。そして吠える対象を柴犬の視界から排除し、名前を呼んであげるなどをして気持ちを落ち着かせます。それでも吠えている場合は「静かに」などと声をかけ、子犬が吠えなくなったら褒めてあげましょう。

柴犬の食事

生後2ヵ月ぐらいの柴犬の食事について特に気をつける事は、食事の内容の違いにより下痢をさせないことです。迎えたばかりの時はブリーダーから教えてもらった同じ内容の食事をとらせ、自分流の食事に変えるのは家での生活に慣れてから行うのが良いでしょう。
また、子犬の発育にはあらゆる栄養素が必要になりますが、 現在はほとんどの栄養素が含まれている子犬用のドックフードが販売されています。食事の回数は、4ヶ月ぐらいまでは1日に3〜4回程度をお湯でふやかし少しずつ与え、徐々に回数を減らして量を多くし、硬いままでも大丈夫です。6ヵ月ぐらいになれば朝夕の2回で十分でしょう。 水は自由に飲める様にして最低でも1日に1回は新鮮な水に替えましょう。

柴犬の睡眠

ト柴犬の子犬は一日に平均して18時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。また柴犬は本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。そのため、柴犬が安心して眠れるゲージやクレートなどを用意してあげるといいでしょう。

柴犬の散歩

柴犬は運動量が多い犬種と言われており、彼らに取ってお散歩は大きな楽しみの一つです。朝夕と1日2回散歩をしてあげると理想的でしょう。また食後だと胃への負担がかかるので、食前にお散歩に連れていってあげると良いかもしれませんね。

柴犬の病気

柴犬はアトピー性皮膚炎や食事による食餌アレルギー、僧帽弁閉鎖不全、てんかんや膝蓋骨脱臼、白内障などを発症しやすいと言われています。食事やストレスに細心の注意を払って、健康に長生きできるように努めましょう。

柴犬の予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)

柴犬が子犬のうちは母犬からの免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、1ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。混合ワクチンは、生後2ヶ月くらいまでに1回目の接種をし、その後1ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、1年から3年に1回くらいというペースで接種します。また、狂犬病予防接種は、犬にとって一番怖い病気の一つです。柴犬の子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に1回のペースで接種します。

柴犬のお手入れ

柴犬は短毛種なので定期的なトリミングは必要ありませんが、抜け毛が多く、春と秋の換毛期にはかなりの毛が生え変わります。そのままにしてしまうと皮膚のトラブルの元となってしまうので、ブラッシングを習慣づけることが大切になってきます。
また柴犬のシャンプーは月に1〜2回程度が良いでしょう。 家で洗ってあげる時は、シャンプーをした後にしっかりと乾かすことを心がけないと、皮膚疾患の原因になってしまいます。性格にもよりますが、柴犬はシャンプーやドライヤーが嫌いな傾向があります。 大人になってからしつけるのは大変なので 小さい頃から手入れされることに抵抗感がないようにスキンシップを十分に取っておきましょう。

以上、ブリーダーから購入後の柴犬の育て方についてでした。愛犬との幸せな柴犬ライフのためにも、柴犬の詳細は購入検討時、お迎えする前には勉強して万全の態勢でいられるようにしておきましょう。

柴犬の豆知識一覧

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。