こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
シーズー

シーズー

【シーズー概要|シーズー ブリーダー解説】
シーズーは愛玩犬として作られた犬種ですが、見た目よりも頑丈な体つきをしています。愛らしく純真な表情で愛情溢れる人なつこいしぐさで人々を魅了します。また勇敢で活発な性質と、穏やかで静かな性質とを併せ持つのもシーズーの特徴です。陽気に振る舞い、遊んだり飛び跳ねたりすることが大好きなので、ひざに乗せてかわいがる愛玩犬としても、一緒に遊ぶ活発な伴侶犬としても理想的な犬種といえます。

【シーズーの育て方|シーズー ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
シーズー(他の犬にも言えることですが)のしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にシーズーの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。しつけが遅れると、犬だけでなく飼い主にとっても大変なことになりかねません。言うことを聞かなくなる分、怒ることが増えますし、犬もなぜ怒られているのかわからず、ストレスをため込んでしまいます。

●トイレトレーニング
子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでシーズーがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらシーズーをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。ゲージからあまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いシーズーで7日間、遅いシーズーで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。

●無駄吠え
シーズーのしつけの中で、噛み癖と同じように大切なのが無駄吠えのしつけです。シーズーは他のわんちゃんと比較すると、無駄吠えが少ないと言われています。まずシーズーが吠えるのは飼い主さんに対して何かを要求しているときです。なので、何を訴えているのか的確に判断することが大切です。シーズーが尻尾を振って寄ってくるような場合はもちろん遊んだり可愛がってほしいという合図ですし、他には警戒心を示したり怯えている場合も考えられますが、シーズーが耳を後ろ側に倒した状態で体勢が低くなっているような場合は怯えがある場合です。シーズーに「ダメッ!」と言っても止めない場合はストレスが溜まっている証拠かもしれませんので、散歩に連れて行ったりすれば治る可能性があります。
●食事
シーズーの食事の回数は生まれてからの期間によって変わります。
•生後6ヶ月まで…一日の分を四分の一に分けて、一日に四回あげましょう。
•生後12ヶ月まで…だんだん一日四回の食事を徐々に三回にしていきましょう。
•生後それ以降…成長期の大事な時期です。食事の量を増やし、一日に二回の食事にしていきましょう。
●睡眠
シーズーの子犬は一日に平均して19時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またシーズーは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、可愛いと抱きたくなる気持ちを抑え、ゆっくりと眠らせてあげましょう。
●散歩
シーズーは室内犬としても人気がありますが、見た目よりもかなりの体力をもったわんちゃんです。そのため、散歩は毎日行ってあげるのがよいでしょう。一回の散歩の目安は15分〜30分くらいとなっています。ただし、シーズーは体高が低い為に、地面などの反射熱の影響をうけやすいです。夏は早朝や日没後の涼しい時間を選んで散歩に連れて行ってあげるといいですね。また出発前に地面を自分で触ってみて熱さをチェックするとよりいいですね。
●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
シーズーが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。
▶混合ワクチン:
生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。
▶狂犬病予防接種:
犬にとって一番怖い病気の一つです。シーズーの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。
▶フィラリア:
寄生虫の一種であるフィラリアは蚊を介して虫が犬の体内に入り込みます。このため蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切な愛犬の為にしっかりと予防してあげましょう。
【手入れ|シーズー ブリーダー解説】
細くて柔らかい毛に包まれたシーズーは比較的抜け毛の少ないわんちゃんです。ですが、毛がもつれて毛玉になりやすい毛質を持っています。ブラッシングしてあげることで、美しい毛を保ち、悪臭や毛玉、皮膚のトラブルなどを防いであげましょう。さらにブラッシングには健康を促進し、新陳代謝を高める効果もあります。毎日やってあげるといいでしょう。方法としては、ピンブラシで根元から毛先までとかし、最後にコームで仕上げるのが基本です。あらかじめ手で毛玉やもつれた毛をほぐしておき、皮膚を痛めないように優しくブラッシングしてあげましょう。
【代表的な病気|シーズー ブリーダー解説】
シーズーの中では気管虚脱と熱中症が有名な病気です。また椎間板ヘルニアなどもシーズーのような小型犬にはよくある病気でしょう。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別シーズー ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のシーズー ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のシーズー ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のシーズー ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のシーズー ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のシーズー ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のシーズー ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のシーズー ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のシーズー ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のシーズー ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のシーズー ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。