こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
コーギー

コーギー

【コーギー概要|コーギー ブリーダー解説】
コーギーは明るくて、愛情表現が豊かで、甘え上手。飼い主さんは、遊ぶ姿を見ているだけでも楽しいと感じます。また勇敢で活動的。しかも好奇心が旺盛なので、いろいろなものに興味を示し、遊ぶのが大好きです。忠実で飼い主を喜ばせることを好み、楽しいことや人と接することが大好きな社交的な性質を持っています。コーギーは、もともと牧場や農場で、牛や羊の番をしていたので、警戒心が強く、番犬としての性質を持っています。しかし、警戒はするものの攻撃的なところはなく、子どもにも寛容で、よき家族となってくれるはずです。頭が良く、物覚えが良いので、基礎的なしつけを行えば無駄吠えはほとんどなく、マンションなどでも非常に飼いやすい犬種です。また、コーギーと言えばやはりイギリス王室の存在は欠かせません。コーギーはロイヤルファミリーに愛されてきた歴史があります。それが世界中にコーギーが知れ渡るきっかけにもなりました。イギリス王室で子供の遊び相手として飼われていたことからも分かるように、非常に賢く順応性があり、優しい性格をしています。

【コーギーの育て方|コーギー ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
コーギーのしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にコーギーの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。さらに言うことを聞いたら大袈裟なくらい褒めてあげましょう。コーギーは、利口で、主人の命令はしっかり守り、運動能力も高いです。とても賢い犬種で、主人に忠実なので、上下関係のしつけを特にしっかりとすると、いいパートナーになってくれるでしょう。

●トイレトレーニング
子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでコーギーがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらコーギーをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。あまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いコーギーで1週間、遅いコーギーで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。
●無駄吠え
コーギーの無駄吠えのしつけの基本は吠えても無視することです。それでもなかなか収まらない場合、新聞紙を丸めたものなどで、床などを叩いて大きな音をたてたり、コーギーに誰がやったか気づかれないように水鉄砲などで顔に水をかけたりするのがいいでしょう。またコーギーの子犬が寂しがらないようにぬいぐるみなどを入れてあげるのもいいでしょう。

●食事
コーギーの食事に関して言うと、生後3ヶ月くらいまでは一日4回約50gのドライフードを熱湯でふやかし粉ミルクを入れ食べやすくし、ハウスの中で与えましょう。生後3ヶ月以降は、3ヶ月頃まで徐々に量を増やしますが、子犬の頃も成犬になってからも1日の総量は変わりません。生後約3〜6ヶ月まで1日3回、一日総量200〜250gを目安に与えましょう。それ以降1才まで一日2回、総量は200〜250gを目安に与えます。それ以降は一日1回、1日総量200〜250gを目安に与えます。

●睡眠
コーギーの子犬は一日に平均して18時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またコーギーは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、コーギーが安心して眠れるクレートなどを用意してあげるといいでしょう。

●散歩
コーギーは運動欲が高く、スタミナもある、非常に活発な犬種です。毎日のたっぷりの散歩が、コーギーの心身の満足をもたらします。つまり、運動不足は、ストレスのもとなのです。コーギーの日々の散歩は長めに行い、ドッグランでの自由運動など、思いきり走り回る時間をまめに用意してあげるとよいでしょう。

●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
コーギーが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。混合ワクチンは、生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。狂犬病予防接種は、犬にとって一番怖い病気の一つです。コーギーの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。

【手入れ|コーギー ブリーダー解説】
コーギーのボディケアは、それほど手間ではありません。トリミングも、基本的には必要ありません。日々のお手入れは、週に1〜2回のブラッシングで十分です。ただし、換毛期、コーギーの抜け毛が多くなる時期には、毎日1回ブラッシングをすることで、コーギーの抜け毛を除去し、新陳代謝を促してあげましょう。そうすることで、皮膚病になるのを少しでも防いであげましょう。

【代表的な病気|コーギー ブリーダー解説】
コーギーは頚椎椎間板ヘルニアや股関節形成不全などがあります。またてんかんや急性湿性皮膚炎などがよくあると言われています。手入れや食事に気を使ってあげるだけでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別コーギー ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のコーギー ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のコーギー ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のコーギー ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のコーギー ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のコーギー ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のコーギー ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のコーギー ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のコーギー ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のコーギー ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のコーギー ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。