こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
マルチーズ

マルチーズ

【マルチーズ概要|マルチーズ ブリーダー解説】
マルチーズといえば、長く、絹糸のような被毛に覆われた小型犬として有名ですが、コンパクトな体の構造による機敏な身のこなしや、優しい表情はマルチーズならではの特徴ですね。かわいらしい容姿のマルチーズは、反面、野性的な面も持ち合わせており、活発に走り回ったり遊ぶことも大好きです。真っ白の長い被毛に覆われた上品な外見とは別に、大胆な気性の持ち主で、自分より大きな犬に対してでも向かっていくことがあります。

【マルチーズの育て方|マルチーズ ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
多くのブリーダーはマルチーズ(他の犬にも言えることですが)のしつけの時期は早ければ早いほど良いと言います。特にマルチーズの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。しつけが遅れるとマルチーズだけでなく飼い主にも苦痛が増えます。お家に迎えたばかりのマルチーズは可愛くて甘やかしてしまいたくなりますが、お互いの今後の為にちゃんとしつけましょう。

●トイレトレーニング
マルチーズ子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでマルチーズがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらマルチーズをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。あまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いマルチーズで7日間、遅いマルチーズで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。

●無駄吠え
マルチーズのしつけで大切なものの1つが無駄吠えです。マルチーズを室内で飼っている場合はやっかいですよね。集合住宅では常に周囲の住人に対するマナーとして考えなければなりませんし、夜中にずっとマルチーズに吠え立てられては飼い主の健康にも影響します。マルチーズが吠える理由も様々あります。マルチーズが警戒していたり威嚇していたり、何か欲しがっている場合もありますので、ただ叱るのではなく、その原因を理解して対処してあげることが大切です。吠えれば飼い主が必ず反応してくれると覚えてしまうとやっかいです。吠えても反応しないことが大切です。要求が受け入れられないとマルチーズが解れば自然と落ち着きます。マルチーズの無駄吠えは自然なことと飼い主さんがどこかで諦めずに、積極的にしつけていくことが基本です。マルチーズに甘えも警戒心も無駄なことであると理解させ、いつも行儀のよいマルチーズでいてもらいましょう。
●食事
食事の回数は、マルチーズの子犬なら3〜4回、マルチーズの成犬で1〜2回にします。 食べ過ぎよりも腹八分で気持ち足りないくらいがちょうどいい目安です。15分程度ですべて食べてしまうくらいの量が適切といわれています。しかしマルチーズの個体ごとに適量は違いますので、便の量や固さを見て調整してあげましょう。
●睡眠
マルチーズの子犬は一日に平均して19時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またマルチーズは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、可愛いと抱きたくなる気持ちを抑え、ゆっくりと眠らせてあげましょう。
●散歩
マルチーズは外観からしておっとりしていそうに見えますが、実際はとてもアクティブなわんちゃんです。運動は身体のみならず、精神の健康にもとても重要ですので、必ず毎日欠かさないようにしてあげたいです。マルチーズには、15分程度のお散歩を1日に2回程度行ってあげればよいでしょう。夏場なら朝、夕の涼しい時間帯、冬場なら日中の温度の高い時間帯を選んで連れ出してあげましょう。また、マルチーズは冬の寒さに弱い犬種ですので防寒対策にはしっかり気をくばってあげましょう。
●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
マルチーズが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。
▶混合ワクチン:
生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。
▶狂犬病予防接種:
犬にとって一番怖い病気の一つです。マルチーズの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。
▶フィラリア:
寄生虫の一種であるフィラリアは蚊を介して虫が犬の体内に入り込みます。このため蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切な愛犬の為にしっかりと予防してあげましょう。
【手入れ|マルチーズ ブリーダー解説】
マルチーズは下毛がまったくないシングルコートが特徴で、絹糸状の被毛は引きずるほど長く伸びます。季節による換毛はありませんが、繊細な被毛は毛玉になりやすいため、その美しさを保つためには入念な手入れをすることが大切になってきます。また、純白のため汚れが目立つため、週1回はシャンプーが必要です。具体的にはピンブラシやコームで毎日ていねいに1〜2回コーミングをしてあげ、涙やけを防ぐため、目元を細かく拭き、食後は口の周りをきれいに拭きたれ耳は蒸れやすいので、耳掃除をこまめにしてあげるといいですね。
【代表的な病気|マルチーズ ブリーダー解説】
マルチーズの有名な病気は流涙症です。また白内障や緑内障などもマルチーズのような小型犬にはよくある病気でしょう。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別マルチーズ ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のマルチーズ ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のマルチーズ ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のマルチーズ ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のマルチーズ ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のマルチーズ ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のマルチーズ ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のマルチーズ ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のマルチーズ ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のマルチーズ ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のマルチーズ ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。