柴犬のシャンプーのコツ

柴犬は皮膚病が比較的多い犬種と言われています。シャンプーは被毛や皮膚を清潔にすることで皮膚病の予防に役立ちますので、とても大切です。また柴犬は、綿毛が多く被毛が密に生えているので、綺麗に洗うことが難しい犬種でもあります。そこで、柴犬のシャンプーのコツを紹介します。

1.柴犬のシャンプーの頻度

柴犬のシャンプーは月に1回程度が目安です。犬の皮脂や分泌物には皮膚を保護する働きがあります。あまりに頻繁にシャンプーをしすぎるとこの保護作用も失われてしまうため、過度なシャンプーは控えましょう。

2.柴犬のシャンプーに必要な道具

・犬用シャンプー
・スポンジ
・タオル
・ドライヤー
・ブラシ

3.柴犬のシャンプーの手順

  • 1.シャンプーの前に柴犬をブラッシングして抜け毛やほこりを取っておき、毛玉はほぐしておきます。
  • 2.柴犬の体温と同じくらいか、わずかに低めの温度(35~36度)のシャワーで体を流します。
  • 3.シャンプーの際には肛門嚢絞りをして、きれいに洗い流します。
  • 4.耳に水が入らないよう気をつけて顔を流します。柴犬がシャワーを嫌がる場合はスポンジを使います。
  • 5.薄めたシャンプーで洗います。柴犬の背中、お尻や後ろ足、尻尾を洗ったら、わき腹、お腹、胸、前足、顔の順に洗います。
  • 6.シャワーでシャンプーを洗い流します。
  • 7.柴犬の地肌をしっかり洗うように2回目のシャンプーをします。
  • 8.タオルで水分を拭きとります。地肌もしっかり拭きましょう。
  • 9.ドライヤーが高温にならないようにして、適切な距離を保ちながら乾かします。

柴犬のシャンプー後の生乾きは皮膚病の原因になるため、内側までしっかりと乾かしてあげましょう。柴犬のシャンプーは体や毛が綺麗になるだけではなく、寄生虫の除去、皮膚病を予防するなどの効果があります。柴犬のお世話の中では比較的手間のかかる作業ですが、愛犬の健康を維持するためにも定期的にシャンプーをしてあげてくださいね。