柴犬の抜け毛対策!柴犬の換毛期を乗り越える方法

柴犬は1年に2回、春と秋に換毛期があります。春の換毛期は冬毛から夏毛へ、秋の換毛期は夏毛から冬毛へ生え変わります。その時期はびっくりするくらい大量の毛が抜けます。冬毛は保温性に優れ密度が高く、夏毛は通気性の良いことが特徴です。柴犬は、換毛で毛が生え換わることにより体温調節を可能にし、夏の暑さや冬の寒さから身を守っています。柴犬の換毛期のお手入れについてポイントを紹介します。

1.柴犬の毛はダブルコート

柴犬の毛は「やわらかい短毛(下毛)」と「固めの長毛(表毛)」のダブルコート(二重構造)になっています。換毛期で抜け替わるのは主に下毛で、表毛は1年中少しずつ抜け替わっています。下毛は抜けた毛が体に残ってしまいがちで、抜けた下毛をそのままにしておくと、表毛にからまり毛玉になってしまい、皮膚の新陳代謝や通気性が悪くなるため皮膚病になることがあります。また下毛を取り除かないと、夏場に熱がこもりやすくなり柴犬が熱中症になる危険性が高まります。そのため、柴犬の換毛期には、毎日のブラッシングが特に大切です。

2.柴犬の抜け毛対策

1.柴犬のブラッシング

柴犬の毛のつやをよくしたり、皮膚を清潔にするためのお手入れとして、ブラッシングは基本のお手入れです。特にダブルコートである柴犬の毛のお手入れでは、換毛期には、皮膚を健康に保つために毎日のブラッシングが必要になります。スリッカーブラシやファーミネーター、ラバーブラシを使って、ブラッシングでしっかり抜ける毛を取り除くようにしましょう。

2.柴犬のシャンプー

シャンプーも柴犬の抜け毛対策に効果的です。シャンプーの前にブラッシングをしておくと、より抜け毛が洗い流されやすくなります。ただし、過度のシャンプーは柴犬の皮脂を奪い、乾燥肌による皮膚炎を起こしやすいため注意しましょう。

3.柴犬用の服を着せる

抜け毛がピークの時は歩くだけで毛の飛び散りや抜け落ちが起こるため、服を着せることで軽減させることも可能です。

柴犬が最もかかりやすい病気は皮膚病と言われています。犬の遺伝的な要因もあり、一度皮膚病を発症するとなかなか完治しにくい体質を持っています。そのため、換毛期で無くても、できるだけ毎日ブラッシングをしてあげましょう。抜け毛対策=ブラッシング=皮膚病予防と考え、愛犬の健康を守ってあげる意識を持ちましょう。また、成犬になってからいきなりブラッシングをすると怖がってしまう柴犬もいるため、子犬の頃からブラッシングに慣れさせておくことが大切です。