柴犬が海外でも人気の理由とは

日本を代表する犬として頭に浮かぶのは「柴犬」ですよね。日本で一番多く飼われている日本犬で、日本人には馴染みの深い犬種です。柴犬は、愛くるしい顔と気品のある佇まい、飼い主への忠誠心など魅力がギュッと詰まった犬種です。そんな柴犬が海外で人気急上昇中なのです!

1.柴犬が海外で人気なのはなぜ?

近年は海外においても、柴犬が繁殖されるようになりました。1992年、由緒あるアメリカの愛犬家団体アメリカンケネルクラブ(AKC)は、柴犬を正式な犬種として認定しています。登録名は、しば(柴)ではなく、日本語のイヌ(犬)も含めて英語でシバイヌ(Shiba Inu)となっています。インターネットやSNSでのシバイヌの魅力が世界中に広まったこともあり、全米人気犬ランキングにおいて、シバイヌの順位は、2009年65位から2014年には46位と上がっています。外国人向けのブログでは、「柴犬 ザ ベスト」として、柴犬の5つの魅力を紹介しています。

  • 1.悪天候でも耐える我慢強さ
  • 2.垂直な塀でも、蜘蛛のように登れる身体能力
  • 3.カモフラージュの達人
  • 4.ご主人がいないととてもさびしがり屋さん
  • 5.甘え上手

2.海外で柴犬の動画が話題

海外では、やけ酒の飼い主が酒を飲もうとするのを止めようとする柴犬マリの動画が世界中で大人気です。この動画は、柴犬の飼い主に対する忠誠心と思いやりにあふれた姿に共感した、世界中の人々の間で瞬く間に拡散、話題を呼びました。
https://www.youtube.com/watch?v=C4oQ-0ZBFDM

柴犬マリの動画に対する海外からの反応

・犬が飼い主と一緒に悲しんでいるがすごい。
・おれの禁酒も手伝ってくれ
・シバイヌ めっちゃかわいい。
・とても頭が良い犬ね。犬の思いやりをご主人はわかったかしら?御主人は、わんちゃんを大切にしなきゃね。
・すばらしい忠誠心だ。

3.シバイヌ(柴犬)を飼っている外国人のコメント

実際に柴犬を飼っている外国人のコメントを紹介します。柴犬のしつけの苦労、柴犬への愛情が込められています。

「これからシバイヌを飼いたいと思っている外国の愛犬家へアドバイス。シバは、自立心や独立心、警戒心の旺盛な犬。飼う際には、きちんとしたしつけをすべきだ。子犬のうちに犬の訓練センターに預けて、社会性を身につけさせたほうがいい。そうしないと、他の犬や人に危害を加えることもある。ものすごく力があるから、そういうのが、すきな人にはおすすめ犬種だ。自分の飼っているシバは、フェッチ&アウト(犬のすきなボールなどを口に加えさせたり、はずさせたりするしつけ)が好き。彼女は、毛がもうもうしていてそれが、とっても柔らかい。水が怖いからお風呂に入れるのは、一苦労するよ。全部の犬がそうとは限らないのだけどね。でも、とにかく、シバイヌは最高!」