柴犬の毛色による性格の違いはあるの?

柴犬と言えば赤毛(茶色)のイメージが強いですが、柴犬の毛色には赤毛(茶色)、黒毛、白毛、胡麻の4種類の毛色があります。柴犬の毛色は全体の8割を赤毛が占めます。黒毛は1割、白毛も1割、胡麻毛はほとんど生まれません。

1.柴犬の色バリエーションと毛色による性質の違い

柴犬は毛色によって性質にも違いがあります。それぞれの毛色の特徴と性質を紹介します。

赤毛

柴犬の約80%を占める代表的な毛色です。柴犬の赤毛は日の当たる表面は美しいキツネ色で、顔の下や腹・胸などの裏面は「裏白」と言って白毛をしています。赤毛の柴犬同士を掛け合わせていくと、次第に色素が退化して薄くなっていくため、数世代ごとに黒柴を掛け合わせて色素を補います。展覧会やドッグショーでは、柴犬の色素が薄いのは良しとされていないため、リピーターや詳しい飼い主は子犬の頃に、色素の濃い柴犬の子犬を選択する傾向があります。

黒毛

柴犬の中でも最近人気が出てきている毛色です。光沢のない鉄錆色をした黒毛で、剛直な毛質と相まってワイルドな毛色に見えます。両目のすぐ上に「四つ目」と呼ばれる白い斑点があるのが特徴です。赤毛と同じく裏白があります。赤毛の柴犬と同じように、最初から成犬みたいに綺麗な柄をしている黒柴の子も系統により希にいますが、子犬時は比較的柄は目立たない子犬がおすすめです。代々出産した黒毛の柴犬の子犬が、どう毛色が変化しているかをよく知っているブリーダーの子犬を選びましょう。

白毛

ソフトバンクのCMに出てくる「お父さん」役の犬の影響で、最近人気が出てきている柴犬の毛色です。全体的に綺麗な白色をしています。黒毛になり損ねた子が白毛として生まれてくるため、展覧会では認められていない毛色です。ブリーダーによっては繁殖していないケースもあります。

胡麻

ほとんど生まれない珍しい毛色の柴犬で、赤毛・黒毛・白毛が程よくブレンドされた毛色をしています。その割合によって赤胡麻や黒胡麻などと呼ばれたりします。また、成長に伴って胡麻色がなくなり、赤毛などの優勢色に落ち着いたりすることがあります。

柴犬は大切な家族の一員で長い付き合いになるため、毛色の好みだけではなく、まずは本質的に優れた良い柴犬の子犬を選び育てることが大切です。柴犬の世界では、「トンビが鷹を生む」ことはなく、良質な子犬であることが第一条件です。そのため、親犬やできれば祖先の犬まで確認できるブリーダーから購入することがおすすめです。