柴犬は飼いやすい犬?

柴犬の見た目の愛らしさに惹かれて、柴犬を家族に迎え入れたいと思っている人も多いでしょう。そこで気になるのが柴犬の飼いやすさですよね。柴犬は海外でも大人気の犬種で、「日本犬」と言ったらやっぱり柴犬と言うくらい有名です。柴犬はもともと愛玩犬の目的で繁殖されてきた犬種ではなく、古来から猟犬としての本能が色濃く残っている犬。そのため、柴犬を飼うためには、飼いやすい点と注意すべき点の両方を知っておくのが良いでしょう。柴犬を飼いたいと迷っている人もそうでない人も必見です!

1.柴犬は飼いやすい犬!柴犬の飼いやすさのポイント

無駄吠えが少ない

柴犬はもともと無駄吠えが少ない犬種です。もちろん個体差があり、飼い主のしつけが必要になるものの、必要なく無駄吠えをすることは少ないため、無駄吠えに悩まされることなく過ごすことができます。よく柴犬は番犬だったから無駄吠えが多い、という話を聞いたことがあるかもしれません。確かに柴犬は飼い主への忠誠心が強く、飼い主と家族以外にはかなりの警戒心を見せる子もいます。しかし、必要なく吠えることはしないため、飼い主がリーダーシップを取って柴犬を安心させることてあげることが大切です。

飼い主に忠実

柴犬が飼い主に忠実なのは、昔から日本の山野を駆け周り、猟犬として飼い主に仕えていた本能が未だに強く残っているのかもしれません。飼い主がきちんとリーダーになることさえできれば、柴犬は飼い主にとても忠実に従うため飼いやすさは抜群です。一方で、飼い主にだけ忠実で他の人には人見知りをしてしまうようであれば、子犬の頃からいろいろな場所に遊びに行ったり、多くの人や犬と触れ合わせたりして、社会性を身に付けさせてあげましょう。

日本の気候に慣れている

柴犬は古くから日本にいる犬種のため、日本の温暖で湿気の多い環境でも比較的平気です。子犬の時期は気を遣ってあげる必要がありますが、他の小型犬ほど気候に対して神経質にならなくても良い点は、飼いやすいポイントのひとつです。

賢くしつけがしやすい

柴犬はもともと賢くて、物事をよく理解します。飼い主との主従関係がきちんと出来ていれば、しつけも入りやすく飼いやすいでしょう。

キレイ好き

柴犬の特徴として、他の犬種と比べてきれい好きな面があります。寝床でおしっこをしてしまうことも少なく、トイレの場所を教えてあげると理解が早いため、きちんと守ってくれます。お世話をする上で、柴犬がキレイ好きなのは飼いやすいポイントです。

2.柴犬を飼うための注意点

柴犬を飼う上で、以下のような他の犬種とは異なる柴犬特有の注意点があることを知っておきましょう。

忠誠心が強すぎる

柴犬が飼い主に忠実なのは長所ではあるものの、少し忠誠心が強すぎる場合があります。海外生まれの犬種は人に飼いやすいように交配され改良されているため、人懐っこい傾向がありますが、柴犬には「自分」という強い芯があり、柴犬自身が認めた人でないと心を開かない一面があります。人に媚びたり誰にでも懐かない分、番犬としてはとても優秀。きちんとリーダーシップをとり、しつけが出来る人であれば、柴犬と強い絆を築くことができるでしょう。

アレルギーが出やすい

柴犬はアレルギーを発症しやすい犬種と言われています。アレルギー性皮膚炎や、食物、昆虫、蚤などによって引き起こすアレルギーにかかりやすいと言われているため、毎日注意深く様子を見てあげることが必要です。

意外と抜け毛が多い

柴犬はダブルコートなので、外見で見える硬い毛の中にふわふわの綿毛が生えています。死毛となった綿毛を取り除かないと、皮膚が蒸れて炎症を起こし皮膚病に繋がることもあります。死毛を取り除いてあげるために、1日1回はブラッシングを行いましょう。また、年に2回ある換毛期には、この抜け毛が大量になります。最近では、抜け毛予防のために室内では洋服を着させておく飼い主が多いようです。その際には、洋服は常に清潔にしてあげて、洗濯の前には洋服の毛をコロコロなどで取り除いてから洗うと汚れが落ちやすいですよ。

運動量が多い

柴犬の良いところでもありますが、活発で動き回るのが大好きなため、運動をたくさんさせてあげることが大切です。そのため、毎日の散歩に行ってあげられる人が、柴犬を飼うのに適していると言えるでしょう。子犬期はしつけが浸透しておらず、活発さの歯止めがきかずに着いていくのに一苦労するかもしれません。外で運動をさせる際は、柴犬は好奇心も旺盛なので、食べてはいけないものを拾い食いしたりしないよう注意も必要です。

柴犬の飼いやすさのポイントと柴犬を飼うための注意点はよく理解できましたか?柴犬に限らず、どの犬種も子犬の時期からのしつけをきちんとすることで、最高のパートナーとなってくれるでしょう。しつけがきちんと出来ていれば、ドッグランや観光地などに一緒にお出かけすることができ、毎日がより楽しくなることは間違いありません。ぜひ柴犬を家族に迎え入れて、素敵な関係を築いてください。