柴犬の拾い食いをやめさせるには?

毎日の日課である柴犬の散歩。多くの飼い主が抱えている散歩に関する悩みのひとつに、柴犬の「拾い食い」があります。柴犬の食欲が強いため、拾い食いのしつけはなかなか難しいもの。しかし、拾い食いを放っておくのは危険です!当記事では、柴犬に拾い食いをやめさせる方法をご紹介します。

1.柴犬が拾い食いをしてしまう原因

柴犬が拾い食いをするのは、シンプルに「食べたい」という心理によるもの。中には、お留守番などが多く、寂しさによる「飼い主に構ってほしい」というアピールで拾い食いをしてしまう柴犬もいるようです。また、柴犬と飼い主の主従関係ができていて、きちんとしつけがされている柴犬であれば許可なく拾い食いをすることは少ないです。柴犬を放っていたり、甘やかし過ぎていたりする場合にも、拾い食いをすることが多いため、柴犬との主従関係を改めて見直してみるが良いでしょう。

2.柴犬の拾い食いはとっても危険

柴犬が散歩の時などに拾い食いをしてしまう道端に落ちている物は、当然ですが安全ではありません。古い食べ物や、犬にとって中毒を起こすような食べ物を食べてしまった場合は、お腹を壊すだけでなく最悪のケース死に至ることもあります。最近では、毒物の入ったクッキーを拾い食いした犬が命を落とした事故が報道されました。また食べ物でない物を誤って食べてしまう可能性だってあります。愛犬の健康と安全を守るためにも、柴犬の拾い食いはやめさせなければいけません。

3.柴犬の拾い食いをやめさせるしつけ方法

前述のとおり、柴犬が拾い食いをするのは、前提として飼い主との主従関係ができていないことが考えられます。まずは、改めて主従関係を築いていくことから始めましょう。あくまでもボスは飼い主であり、散歩の途中で飼い主の許可なく拾い食いをしてしまったら、瞬間的にやってはいけないことだと教えます。
柴犬が拾い食いを我慢したら思い切り褒めてあげましょう。

自宅でできる拾い食いをやめさせるしつけ

  • 1.柴犬の目の前にフードを落とします。
  • 2.犬が拾い食いをしそうになったら、「ダメ」「ノー!」「待て」など分かりやすい言葉で制止します。最初は、言い聞かせるのと同時に手で止めても良いので、とにかく食べさせないようにしましょう。リードを付けたまま行うのも良いでしょう。
  • 3.柴犬がフードを食べずに我慢できたら褒めてあげ、落としたフードを飼い主が拾って手の上に乗せ、「よし」と言って食べさせます。これを繰り返すことで、外に出た時も勝手に拾い食いをすることはなくなります。 )

柴犬の拾い食いのしつけは、なかなか難しいという声が多く聞かれます。拾い食いに限らず、犬のしつけにはある程度の根気が必要です。しつけは愛犬にとって良いことと悪いことが理解出来る、とても良いことです。柴犬との楽しく安全な毎日のためにも、子犬の頃からしつけをしておきましょう。