チワワの飼い方

1.チワワを飼う家庭環境

チワワは室内で飼育する

チワワは暑さと寒さ両方に弱いため、室内飼育が原則です。温度差の激しい屋外でチワワを飼うことはできません。人と同じ様に温度を体感するため、チワワにとって快適な室温は25度と言われています。夏はクーラー、冬はヒーターなどで温度調節を心掛けましょう。チワワは特に寒さに弱く、冬は防寒対策が必要です。チワワ用の服や電気カーペットはペットショップやインターネットで購入できるため、チワワと一緒にお洒落を楽しみながら、寒さ対策をしてあげましょう。

チワワに安全な飼育環境にする

ほとんどの子犬のチワワには、頭にペコ(別名:モレラ)という頭蓋骨に覆われていない穴のようなものが開いています。通常、ペコはチワワが成長する過程で閉じていくのですが、中には成犬になっても開いたままのチワワもいます。チワワの頭部を叩かないことはもちろん、打撲しないよう障害物など飼育環境にも注意が必要です。
またチワワは足の骨が細いため負担をかけないように、フローリングにじゅうたんを敷く、高いところから落下しないように高低差があるものも置かない、などチワワに安全な飼育環境を整えてあげましょう。

2.チワワに必要な運動

体が小さく活発なチワワは、室内を走り回っているだけで1日に必要な運動量をこなすことができます。運動量の面で言うと散歩は必ずしも必要ではないものの、チワワの社会性を育むことやストレスを発散させるためにも適度な散歩は必要です。また、チワワは飼い主と一緒に様々な場所に出掛けることを好みます。チワワの個々の体質や性格を考慮して、散歩に連れて行ってあげましょう。チワワは小さく甘えん坊なため、ついつい抱っこしてしまいがちですが、骨の発育のためにも、歩かせてあげた方が健康的なので甘やかし過ぎないようにしましょう。

3.チワワに多くの交流機会をもたせる

チワワは体が小さく警戒心が強いため、よく吠える傾向があります。そのため、子犬の頃から様々な物や音、人と触れ合う機会を持ち慣れさせてあげましょう。チワワを迎えてワクチン接種が終わったら、社会性を育むためにもより多くの犬種や年齢の犬たちと交流しましょう。チワワが成長していく段階で、他の犬や人への恐怖心や吠え癖がつきにくくなります。

チワワの子犬を探す