チワワが食べて良い物と食べてはいけない物

チワワ自身は、食べて良いものと悪い食べ物が判断できません。人間が普段食べている食材の中にはチワワにとっては有害なものもあるため、食べてはいけない食べ物を口にしないように、飼い主がしっかりと管理する必要があります。特に手作りごはんを与える場合には、チワワが食べてはいけない食材についてはしっかりと頭にいれておかなくてはなりません。チワワに手作りごはんを用意する場合に使える食べ物と、チワワが食べてはいけない食べ物について紹介します。

1.チワワの手作りごはんに使える食材

【食物繊維やビタミン、ミネラルの源になる野菜】
レタス、きゅうり、トマト、さつまいも、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、にんじん、じゃがいも

【タンパク源となるもの】
ささみなどの脂肪の少ない肉、タラやカレイなどの魚、豆腐、卵、カッテージチーズなど

【エネルギー源となる炭水化物】
白米、パン、パスタなど

チワワに手作りごはんを作る時には、どの食材も噛みやすく消化がしやすいような状態にしましょう。特に野菜を与える時には、種や皮、ヘタ、芽の部分は必ず取り除いた上で、堅い芯の部分は避け、食べやすい小さめのサイズにして与えてください。根菜やキャベツやカボチャ、ブロッコリーは加熱した方が食べやすいでしょう。また、肉類や魚、卵はしっかりと加熱しましょう。

2.チワワが食べてはいけない食べ物

【中毒の原因になるもの】
ねぎ、タマネギ、らっきょう、にんにく、チョコレート

命に関わる中毒を起こす危険があります。絶対に与えないでください。特に、ネギ類やタマネギ、らっきょうやにんにくといった食材は、一緒に煮込んでできるスープや漬け汁、ゆで汁だけでも中毒を起こす可能性がありますので注意してください。

【消化が悪いもの、喉につまる恐れのあるもの】
たこ、エビ、イカ、クラゲ、カニ、こんにゃく、たけのこ、しいたけ

消化不良を起こしやすく、嘔吐や下痢の原因になるだけでなく、喉につまってしまうこともあり危険です。

【胃腸、肝臓、腎臓などの内臓に負担がかかるもの】
こしょう、カレー粉、からし、とうがらし、わさびの刺激物、塩分の多い加工食品

胃を刺激するため吐くことがあるほか、内臓に負担がかかり、高血圧の原因にもなります。

【分解できない成分を含むもの】
人間用の牛乳

成犬は人間用の牛乳に入っている、乳糖という成分が分解できません。下痢の原因になるので与えないでください。

現在市販されているペットフードのほとんどは、栄養学的にとてもよく研究されています。それでもやっぱり愛犬のために手作りごはんや手作りおやつを作ってあげたい人もいると思います。また、食物アレルギーなどで手作りごはんが必要な場合もあります。愛犬のためにおやつやごはんを手づくりしてあげる場合には、使う食材についてしっかりと確認した上で作ってあげてくださいね。手作りごはんは、市販のペットフードと比べて栄養バランスが偏りやすいため、必要な量や栄養バランスについて、かかりつけの動物病院で相談してから進めていくとよいでしょう。