チワワの毛色が色褪せてしまう、退色とは?

チワワの被毛の色が最近薄くなってきた」「チワワの口元に白髪のようなものが混じってきた」年齢を重ねたチワワでは、そんなことに気がつく日が来るでしょう。これは、チワワの退色です。トイプードルが退色しやすい犬種であることは比較的知られていますが、チワワも退色します。チワワの退色について紹介します。

1.チワワの退色

チワワの退色とは?

退色とは毛色が薄くなることです。チワワに限らず、ほとんどの犬種で時期や程度は異なりますが退色は起こります。ブラック系などの濃い色のチワワでは、退色が目立ちやすいことがあります。

チワワの退色の原因

退色は多くの場合、老化による自然現象です。老化による退色以外にも、出産をきっかけに毛色が薄くなることもあります。

チワワの退色の時期と退色のしかた

すべてのチワワが退色するわけではありません。また、退色の時期や退色のしかたはそれぞれで違うようです。チワワの顔の周りのみ白い毛が混じるようなこともあれば、チワワの体全体の被毛の色が薄くなることもあります。また、若いうちに一気に退色するチワワもいれば、年をとってもあまり退色しないチワワもいます。

愛犬の毛色が薄くなってくると何か問題があるのではと心配してしまいますが、これはチワワにとって自然な現象で、基本的に健康上の問題があるわけではありません。チワワが栄養失調や病気などによる体調不良を起こしている時の毛艶の悪さはまったく別のものですので、日々、愛犬の健康管理をしっかりとして、体調がおもわしくない様子があるならば動物病院を受診するようにしましょう。

チワワの子犬を探す