チワワは子供がいても飼える?飼い方の注意点

チワワなどの犬を小さな子供がいる家庭で飼うと、子供の情操教育に良い影響があり感情豊かな子供に育つと言われています。また、犬を飼っている家庭で育つ赤ちゃんは、感染症や呼吸器疾患にかかるリスクが減るという説もあります。話すことができないチワワと生活していることで、子供が注意深くなり観察力が高まり、社交性が磨かれる効果もあるようです。子供がチワワと一緒に成長していく過程を見られるのも楽しみのひとつです。良い効果が多くある反面、子供がいる家でチワワを飼う際には注意があります。

1.子供がいる家でのチワワの飼い方

チワワが怪我しないように子供に扱い方を教えてあげましょう

チワワの頭蓋骨はとても薄くてデリケートです。 チワワが子犬の時は頭上に空洞があり、その空洞が成長と共に徐々に閉じていきますが、中には空洞があるままのチワワもいます。子供の扱い方によるものの、チワワの子犬を抱っこしようとして、頭から床に落としてしまっただけでチワワが死んでしまうこともあります。また子供の不注意でチワワを踏んでしまう恐れもあります。子供に悪気はなくても乱暴に扱えば怪我をしてしまい、最悪のケース死なせてしまうことも考えられます。

子供を交えたチワワのしつけ

チワワは明るく遊ぶのが大好きな性格のため、子供でも遊びを取り入れながらしつけを行うことが可能です。 しつけの際には、コマンド(待て、良しなどの掛け声)は統一することが大切です。家族間でバラバラのコマンドだとチワワが混乱してしまい、しつけを正しく理解することができなくなります。子供だけコマンドが違うことがないように統一するようにしましょう。しつけがうまくいかない場合、チワワは子供を自分より下に見てしまうことがあるため、子供にだけ噛みついたり、言うことをきかなくなってしまう場合があります。

チワワには食べられない物があることを子供にも伝えましょう

チワワにはタマネギなど絶対に食べさせてはいけない食べ物があります。子供がよく知らずに誤って与えないように教えてあげましょう。また、チワワが子供のおもちゃを誤って誤飲してしまうという危険性があるため、チワワの飼育環境にも注意しましょう。

大人が充分に注意してあげれば、子供がいる家においてチワワを飼うことは可能です。家族が増えることでより賑やかで豊かな生活になり、子供の成長にも良い影響を与えてくれることでしょう。

チワワの子犬を探す