チワワの上手なシャンプーのやり方

愛犬チワワのシャンプーに苦労している飼い主も多いのではないでしょうか?チワワはシャンプーが嫌いです。と言うよりもチワワは“水”が嫌いなのです。嫌いな理由は、自分の匂いが消えるから、鼻や目に水が入るから、水が冷たいから、泳ぐ習性がないから、泳ぎが得意な体型ではないからなど、色々な説があります。しかし、チワワのシャンプーは清潔に保ち、健康を維持するために大切なお手入れです。

1.チワワの上手なシャンプーの入れ方

チワワのシャンプーの頻度

チワワにシャンプーのし過ぎは皮膚を傷めてしますのでよくありません。月1回~2回の頻度がべストです。

チワワに適温のシャワーの温度

一般的に犬に適温なシャワーの温度は、小型犬は38〜42℃位、大型犬・中型犬は36℃前後と言われています。スムースコートチワワは冷えないように温めてあげる、ロングコートチワワは熱すぎないように、冷たい水はシャンプーが落ちない、といった点を注意すれば大体の感覚で大丈夫です。

チワワかお風呂嫌いにならないためのポイント

  • 1.チワワの頭からシャワーの水をかけないようにしましょう。
  • 2.お風呂を怖がらないようにするために、お風呂場でチワワを叱ったり、お風呂に閉じ込めたりしてはいけません。
  • 3.特にシャンプーが嫌いなチワワには、終わった後にご褒美をあげましょう。

チワワのシャンプーに用意するもの

ペット用シャンプー、ブラシ、バスタオル、ドライヤー

チワワのシャンプーの手順

  • 1.ブラッシング
    チワワの毛がもつれたままシャンプーをしてしまうと、毛玉が大きくなったり、カチカチになってしまったりします。
  • 2.シャンプーの前にお湯で洗う
    まずは、チワワの体に35℃前後のぬるま湯をかけていきます。1〜2分程度かけて、チワワの全身をお湯で流してあげます。耳元を洗う際は、チワワの耳の中にお湯が入らないようにしましょう。
  • 3.シャンプー
    シャンプーはチワワの体→顔の順で洗っていきます。シャンプーの時には、チワワの肛門腺も絞ってあげてください。肛門を中心に斜め下(時計でいうと5時と7時の位置)辺りが小さく膨らんでいたら肛門腺が溜まっているため、肛門から押し出すようなイメージで絞ってみてください。
  • 4.リンスとすすぎ
    シャンプーが終わったら、しっかりすすいでリンスをします。リンスの後は、お湯でゆっくりと流し続けてください。すすぎが甘いと、チワワの毛がぼさぼさになったり、皮膚病の元になります。また、目にシャンプー剤が残ってしまうと危険なため、顔は特に気をつけて洗い流してください。
  • 5.ドライヤー
    まずはバスタオルで全身を拭きます。その後ドライヤーで乾かしてください。犬はドライヤーの熱で火傷しやすいので、30㎝~50cm程度は離して使い、1カ所に長い間あて続けないように注意してください。半乾きは皮膚病や風邪の元になるためしっかりと乾かしてください。最後にブラッシングをして終了です。

チワワは小型犬のため、家でのシャンプーが比較的簡単な犬種です。チワワのシャンプーは愛犬とのコミュニケーションにもなるため、自宅でのシャンプーすることをおすすめします。あまりにもチワワが水を嫌がる場合は、トリミングサロンにお願いするのも良いでしょう。

チワワの子犬を探す