チワワの寒さ対策

犬は寒さに強いイメージがありますが、チワワは南国原産の小型犬で、とても寒さに弱い犬種です。チワワが寒がっている場合、以下のようなチワワの行動が見られるためしっかりと寒さ対策してあげる必要があります。

  • チワワがゲージの隅で丸くなっている。
  • チワワがベッドの下に潜り込んでいる。
  • チワワがいつも以上に人の側に居たがろうとする。
  • チワワがブルブル震えている。
  • チワワが通常より水の飲む量が減っている。

1.チワワは寒いとどうなる?

チワワは寒い状態が続くと、免疫力の低下や血液循環の悪化などで、様々な疾患にかかりやすくなります。

1.チワワの呼吸器系の病気

乾燥や免疫力の低下で、喉がウィルスにやられやすくなります。そのため、喉の炎症や肺炎、細菌やウィルス感染による気管支炎になる可能性があります。

2.関節などの病気

関節が冷えで固まってしまうことで体への負担が大きくなります。そのため、足が曲がらなくなる、転んで骨折する、骨関節炎、神経の異常などが発生する可能性があります。

3.心臓・循環器系の疾患

寒さで心拍数が下がっているところに急に運動をすることで、心臓に負担がかかります。その為、気を失ったり、最悪死んでしまう可能性があります。また、冬場に「咳」が多い場合は心疾患の疑いがありますので検診をおすすめします。

4.しもやけ・あかぎれ

冷えで血行が悪くなり、肉球や耳に血が通いづらくなることで、しもやけやあかぎれになる可能性があります。

2.チワワの寒さ対策

チワワの寒さによる病気や怪我を防ぐため、しっかりとチワワの寒さ対策をしてあげましょう。

  • 部屋を暖かくする
    チワワにとって適温は25度程度と言われています。冬の寒い時期は特に暖房で部屋全体を温めてあげましょう。
  • ゲージの寒さ対策
    >チワワのゲージの中に、ベッドやフリース等の暖かい素材を入れてあげましょう。
  • チワワに洋服を着せる
    散歩に行く時は室内と室外の温度差があるため、チワワに負担がかかりやすいです。特に寒い時期は、保温効果が高い服を着せてあげましょう。
  • ヒーターや湯たんぽなどの犬用寒さ対策グッズを活用
    暖房のつけっぱなしは経済的に飼い主に負担が掛かります。犬専用のあったかマットや湯たんぽを活用しましょう。その際は、チワワがヤケドしないように正しい方法で使用しましょう。
チワワの子犬を探す