チワワと一緒に寝るのはいけないこと?

チワワが飼い主と一緒に寝る理由は、大好きな飼い主の匂いを感じていたいことと、暖かいところで眠りたいことの2つだと言われています。寝ているところに愛犬が近寄ってくる姿はとても愛らしく、一緒に寝るのをつい許してしまいそうになります。しかし、チワワが飼い主一緒に寝ることには実は注意すべきリスクがあります。飼い主は、そのリスクをしっかりと認識した上で、チワワと一緒に寝るかを判断しなければなりません。

1.チワワと飼い主が一緒に寝る時のリスク

チワワと一緒に寝るとしつけがうまくいかなくなる!?

チワワに飼い主と一緒に寝ることを許すと、飼い主との主従関係が崩れ、チワワが飼い主と同等の存在だと勘違いしてしまう可能性があります。そのため、チワワと一緒に寝ることで、しつけが入りづらくなったり、チワワが言うことを聞かなくなったりする可能性があります。もしチワワが飼い主の上に乗って寝るような癖が見られるときは、チワワに飼い主が格下に見られていると理解した方が良いでしょう。

2.チワワが怪我をしてしまう可能性

体高わずか20cmほどの小さな体のチワワが、大きな体の人間と一緒に寝ると、寝返りをうつ人間の体に押しつぶされてしまう危険性があります。また、チワワがベッドから転落してしまう可能性もあり、足腰の弱いチワワにとって怪我をしてしまう可能性もあります。

3.チワワのズーノーシス(人獣共通感染症)のリスク

チワワと一緒に寝ることで、飼い主の健康に悪影響を与える場合もあります。例えば、チワワに寄生したノミやダニで、飼い主がアレルギーを引き起こす可能性があります。また、チワワが感染すると飼い主に感染する可能性がある病気(ズーノーシス)である、サルモネラ症、皮膚糸状菌、パスツレラ症、エキノコックス症が発症する危険性もあります。
大切な家族であるチワワとは一緒に寝たいと思うのが飼い主の心情です。しかし、チワワと一緒に寝ることによって、チワワと飼い主共に健康上のリスクがあり、チワワのしつけにも悪影響を与えてしまうため、慎重に考えた上でチワワと一緒に寝るかを決めましょう。

チワワの子犬を探す