チワワにゲージは必要ない?

チワワは室内飼育が必須です。屋外飼育の犬種にはハウスがあるのは一般的ですが、チワワのような小型犬の室内犬はどうなのでしょうか。チワワは室内犬のためゲージは必要ない、と考えている飼い主もいるかもしれません。実は、チワワにもゲージは必要なのです。

1.ゲージでチワワに自分の場所をつくってあげる

犬は本来小さな穴を掘って巣を作り、その中で休む習性を持つ穴倉動物です。ペットとして家の中で飼われているチワワには、ゲージが巣の役割を果たします。ゲージがあることでチワワは自分のテリトリーでリラックスして眠ることができるのです。また、犬は狭い場所が好きな印象はありませんか。それは囲われたスペースに入っていることで、自分が守られているという安堵感を得ることができるためです。

2.チワワにゲージがあるとしつけがうまくいく

普段、ゲージで生活していないチワワは、必然的に飼い主と同じ行動範囲で生活することになります。その結果、チワワが「自分は飼い主と対等なポジション」と勘違いしてしまうことがあります。場合によっては、チワワに「自分は飼い主よりも上位に立場にいる」と思わせてしまうケースだってあるのです。飼い主がきちんとリーダーになれていないとチワワのしつけはうまくいきません。ゲージのない生活に一度慣れてしまうと、その後ゲージを用意してもチワワは嫌がってしまうことが多いです。チワワを迎え入れた時からゲージで生活させる習慣をつけましょう。ゲージで規則正しい生活をしているチワワは自然と落ち着いた性格になっていきます。室内飼育・屋外飼育を問わず、犬を放し飼いにしていると落ち着きのない性格に育ってしまいます。

3.ゲージはチワワのペットホテルの練習になる

出張や旅行など、愛犬をペットホテルに預けなければいけない場合があります。ペットホテルではチワワはケージで過ごすことが多く、ゲージに慣れていないチワワにとって大きなストレスになってしまいます。さらに、「ペットホテルは嫌な場所」とチワワが思ってしまう、次に利用するのが難しくなってしまいます。チワワと飼い主、両方のためにも、日頃からゲージに慣れさせておくことが大切です。

4.チワワのゲージの選び方

チワワのゲージは成犬になっても使えるように、幅90cm×奥行60 cm×高さ55 cmのゲージがおすすめです。ゲージの中には、ベッド、トイレ、給水器を設置しておきます。チワワのゲージは、チワワにとって寒くない場所、かつなるべく落ち着ける部屋の端に置いてあげるのが良いでしょう。

チワワの子犬を探す