チワワの咳は、もしかしたら気管虚脱かも?

中齢から高齢のチワワに「咳」を引き起こす疾患はいくつかあります。チワワによく見られる僧帽弁閉鎖不全症は咳を引き起こす心臓疾患として有名なもので、肥大した左心房が気管を圧迫してしまうことで咳を起こします。その他にも、慢性気管支炎をはじめとしたいろいろな呼吸器疾患によっても咳は起こります。今回は咳を引き起こす呼吸器疾患のひとつ、気管虚脱についてご紹介します。

1.気管虚脱とは

気管虚脱は、何らかの原因で、気管の一部がおしつぶされたようになってしまい、断面が本来の円形を保持することができなくなってしまう疾患です。これにより、チューブ状の気管を維持できず、呼吸の気流がスムーズに通過できなくなってしまいます。中年齢のトイ種やミニチュア種によく見られ、チワワ以外の犬種でも起こることは広く知られています。
この疾患は、数ヶ月から数年をかけて少しずつ進行していきます。はじめは、「ガチョウ様咳」といわれる、ガーガーという特徴的な乾いた咳を興奮時にするようになります。また、運動中や、首輪が頚部の気管を圧迫した時にも咳は起こりやすくなります。悪化していくと、運動時や暑いとき、また興奮した時の咳の頻度が増加します。さらに悪化し、ひどい呼吸困難となってしまうと、舌が紫色になるチアノーゼと言われる状態となってしまい、失神してしまうこともあります。このような時には速やかに動物病院を受診しましょう。肥満や暑さが呼吸困難を悪化させる原因のひとつであると言われています。高温多湿の夏場は特に注意をしましょう。

2.気管虚脱の診断

臨床徴候や身体検査の結果や、気管の触診で特徴的な咳を起こすことなどから気管虚脱が疑われる時には、頚部と胸部のX線検査を行い、気管虚脱が気管のどの部分にどの程度見られるかを確認します。さらに外科手術を検討する場合には、X線透視検査や気管支鏡検査を行ない、動的に気管虚脱の状況を確認します。

3.気管虚脱の治療

治療としては、まずは内科治療によって症状をコントロールすることをめざします。残念ながら、これにより気管虚脱そのものを治すことはできません。気管支拡張剤や鎮咳剤によって咳をしずめます。ひどい呼吸困難の時には緊急処置として酸素吸入が必要なこともあります。気管支拡張剤や鎮咳剤といった薬による治療は生涯続けなくてはならないでしょう。投薬治療とともに大切なことは日々の生活習慣や生活環境の見直しです。肥満の場合には、食事療法により適正体重にすることが必須です。また、首を圧迫する可能性のある首輪のかわりに胴輪をつけるようにして、気管に負担をかけないようにしなくてはなりません。さらに特に夏場には、体温が上昇しすぎないように生活環境を改善し、運動のさせ方にも注意をする必要があります。過度の興奮も避けるようにしましょう。
内科治療への反応があまりよくない場合で、呼吸困難が激しい場合には、外科治療を検討することもあります。ただ、外科治療によっても気管虚脱を完全に治すことは、今のところかなり難しいと言わざるを得ません。手術を行なっている動物病院もありますが、全ての気管虚脱の犬に手術が適応できるわけではなく、また、術後管理の問題や合併症の問題も大きいのが現状です。手術を希望される場合には、かかりつけの動物病院の先生とよく相談をしましょう。

4.気管虚脱の予防、気管虚脱の悪化を防ぐために

気管虚脱を完全に予防する事は困難です。それでも、普段から 呼吸器に負担をかけないような生活習慣を心がける事で咳を起こしにくくする努力は大切です。 そして、もしも愛犬が気管虚脱と診断された時には、さらに日常の生活環境に気を配り、咳をできるだけ抑えて快適に暮らせるようにしてあげることで、気管虚脱を悪化させないようにしましょう。

チワワの子犬を探す