極小チワワの体重や大きさ

近年は極小チワワといったサイズの小さいチワワが人気です。なかには超極小チワワと言われるようなチワワもいます。極小チワワとはどのようなチワワでしょうか。

極小チワワとは?

JKC(ジャパンケンネルクラブ)ではチワワのスタンダードを500g~3kg、理想体重は1~2kg、体高は15~23cmとしています。チワワは世界最小の犬と言われるほど小さく華奢ですが、さらにそのスタンダードチワワよりも特別に小さいチワワが極小チワワと呼ばれています。極小チワワは公認されている犬種ではないため、スタンダードサイズがあるわけではなくその基準は曖昧ですが、一般的に1.5kg前後までのチワワのことを指します。しかし体格がしっかりしていても、実は1kg程度のチワワもいるため、体重はあまり重要ではなく見た目で「小さい」と感じるチワワが極小チワワとされています。中には300g程度で手の平に乗るほど小さな超極小チワワもいます。なお、現在ギネス記録を保持しているのは、プエルトリコの体高9.65cmのチワワ「ミラクルミリー」という極小チワワがいます。

極小チワワはなぜ生まれる?

小さいチワワを掛け合わせると、まれに極小チワワが生まれることがあります。しかし、遺伝は単純なものではないため、親犬が小さければ可能性は高くなるものの、必ず極小チワワになるとも限らず、ましてや病気で小さいチワワを繁殖に使うことはしてはいけません。中には、利益目的や飼い主の趣向のため、充分な餌を与えずに成長を止めているケースもあるようですが、絶対にあってはいけません。

極小チワワは健康?

極小チワワを見て「こんなに小さくて大丈夫なのか」と心配に思う人もいるでしょう。極小チワワだから寿命が短いということはありません。本来、中型犬や大型犬よりも小型犬の寿命は長いと言われています。しかし、極小チワワは体がとても小さいことから、食が細く発育のスピードがとても遅いことがあります。慢性的な食の細さゆえに低血糖や足の骨折などが心配されることも事実であるため、食事管理をきちんとしてごはんにサプリメントなどを混ぜるなどしてあげると良いでしょう。また、極小チワワは小さいため寒さにとても弱く、寒さ対策を徹底してあげることも必要です。

チワワの子犬を探す