チワワの適正体重は?

チワワの体重はどのぐらいが平均なのでしょうか。チワワは世界最小と言われるほど小さな犬ですが、実は肥満になりやすい犬種なのです。チワワの健康のためにしっかりと体重管理を行うことが大切です。

1.チワワの平均体重

チワワはご存知のとおり成犬であっても小さく、誕生時には本当に小さくて平均出生体重は100g程度しかありません。中には80g以下のチワワが誕生することもありますが、小さすぎて育つ可能性が低いと言われています。その後の成長過程は例え兄弟犬であっても骨格や体格によって個体差が大きく、月齢によるチワワの平均体重を出すのは難しいとされています。成犬チワワにおいて、JKC(ジャパンケネルクラブ)ではチワワのスタンダードの体重を500g~3kg、理想は体重1~2kgとしています。

2.極小チワワの体重管理

近年は特にサイズの小さな「極小チワワ」と呼ばれるチワワが多く見られます。小さくとも健康上は問題のないチワワもいますが、低血糖症や足の骨折などのリスクが増えてしまうため、やせ過ぎないように体重管理には充分注意してあげましょう。極小チワワは小さい体ゆえに食が細く、発育スピードが普通のチワワと比べてゆっくりです。他のチワワよりも遅めに親犬から離乳させてあげても良いでしょう。

3.肥満な「でかチワワ」が増えている!?

体の小さなチワワですが、本来は食欲が旺盛な上に室内犬で激しい運動をしないため、実は太りやすいと言われています。また、チワワは小型犬ゆえに少しの体重増加で肥満に陥ってしまうということも、太りやすいと言われる一因です。チワワの体重は個体差が大きいため体重で肥満かどうかを判断するのは難しいですが、見た目で腹回りがたるんでいたり、実際にチワワを触ってみて肉が掴めるようであれば肥満です。近年は、ごはん以外のおやつの与え過ぎや、人間の食べ物を与えていることで、体重が3.5~4kg以上のチワワが増えており、「でかチワワ」と称されています。チワワの不必要な体重増加による肥満は、脚、腰、心臓などに負担がかかり、糖尿病をはじめとする様々な臓器の疾患のリスクが生じます。チワワに限らず犬の肥満は寿命にかかわるため、腹八分目のごはんや、おやつは必要以上に与えない、人間の食べ物を与えない、散歩で適度な運動をするなど、チワワの体重管理をきちんと行うことが大切です。

チワワの子犬を探す