トイプードルの多頭飼いに向いている

トイプードル好きであれば、誰もが憧れる多頭飼い。トイプードルは多頭飼いに向いている犬種であることをご存知でしょうか?その理由や多頭飼いの体験談をご紹介します。

1.トイプードルの多頭飼いはメリットがたくさん

トイプードルの多頭飼いは、愛犬家にとって家族が増えると同然。家庭が賑やかになり、日々の生活がさらに楽しく充実するでしょう。トイプードル同士が一緒に遊んでじゃれあう姿や一緒に添い寝をしている姿は、何とも愛らしく癒やされること間違いなしです。
また、多頭飼いはトイプードルにとってもメリットがあります。毎日人間と暮らし、散歩でもあまり他の犬と接さない状況で過ごしていると、トイプードルが犬であることを忘れてワガママになってしまうこともあります。多頭飼いをすることで、先住犬が後輩犬を先導しルールを教えてくれるため、自分が犬であることを認識し、自然とルールが身に付きます。さらに、飼い主の外出時でも多頭飼いであればお留守番が寂しくありません。

2.トイプードルが多頭飼いに向いている理由

トイプードルは社交的な性格

トイプードルは基本的に温厚で社交的なため、同犬種や他犬種となじみやすいです。またトイプードルは他の犬にしつこ過ぎないため、相手との距離を適度にうまく取りながら生活ができます。

トイプードルは学習能力が高い

トイプードルは賢くしつけがしやすい犬種です。きちんとしつけをすれば、多頭飼いでも飼い主の負担は少ないでしょう。

3.トイプードルの多頭飼いでの体験談

実際に多頭飼いした人の体験談から、多頭飼いでの気を付けたいことや注意点も知っておきましょう。

体験談 1

先住犬の子犬を優しく見守っている姿や成長したところを見て、先住犬への愛情が増しました。

体験談 2

2頭目は何でも先住犬の真似をしがたります。また、犬にも上下関係があるので、何でも先住犬を優先にすることが大事です。2頭目を構いすぎると、先住犬がすねたり2頭目の面倒をみてくれません。

体験談 3

犬同士がケンカになった場合は、上下関係を分からせるためにすぐに仲裁に入らず様子を見守ります。しかしケガをしそうなほどの激しいケンカであれば飼い主が叱ります。真のリーダーはあくまでも飼い主であることを分からせましょう。また、トラブルをできるだけ防ぐためにも、多頭飼いをする前に犬の避妊・去勢手術はしておいた方が良いと思います。

トイプードルの子犬を探す