トイプードルの値段が子犬によって違うのはなぜ?

トイプードルの子犬の値段の相場は、一般的に20~30万円程度と言われています。トイプードルは人気犬種のため、近年は比較的高額な値段になっています。さらに、トイプードルの値段は個体やブリーダーによって大きく異なります。トイプードルを飼いたいと思った時、良いトイプードルをできるだけ安く購入したいですよね。トイプードルの値段はどのように決められているのでしょうか。

1.トイプードル値段の違い

犬にはもともと定価があるわけではありません。トイプードルとひと口に言っても、大きさや見た目、血統など様々。どのような要素によってトイプードルの値段が決められているのか、トイプードルを購入する前に知っておきましょう。
  • 購入経路
    ブリーダーから直接トイプードルを迎え入れる場合と、ペットショップ等の仲介を挟む場合で値段が違います。値段は各販売者によりますが、同一水準のトイプードルの子犬であれば、一般的にブリーダーから購入する方が安いケースが多いようです。
  • 血統
    血統証明書の有無で値段の違いが生じます。また、ドッグショーで表彰されたチャンピオン犬が血統にいる場合は値段が高くなります。
  • サイズ
    近年は小さいトイプードルが人気のため、サイズの小さいトイプードルの値段は高い傾向があります。
  • 顔立ちやスタイル
    顔立ちやスタイルのバランス、見た目の美しさで値段が違います。
  • 毛量や毛質
    毛量が多く毛質がしなやかなトイプードルの値段は高くなります。
  • カラー
    トイプードルの豊富なカラーの中でも、レッドやアプリコットなどの人気カラーは値段が高くなります。トイプードルは単色が理想とされているため、2色以上のパーティーカラーは値段が安くなります。
  • 性別
    一般的に、トイプードルのオスとメスでは販売価格が10%~30%ほど違うと言われています。同一水準の子犬の場合、メスが高くオスが安く値段が設定されています。
  • 日齢
    トイプードルに限らず、子犬は日齢が若いほど値段が高くなります。
  • 欠点
    歯のかみ合わせの異常やでべそがある場合は値段が安くなります。

2.良質なトイプードルを適正な値段で購入するには

良質なトイプードルと出会うためには、優良ブリーダーを見付けることがポイントです。現在はまだまだ「ペットショップでの店頭購入」が主流ですが、仲介業者を挟むことで中間マージンが発生し、適正な値段よりも高額になるケースがあります。一方で、ブリーダーによっては徹底した飼育環境を整えるためにコストが掛かることもあり、必ずしもペットショップよりも安くなるとは限りません。しかし、優良ブリーダーは子犬の健康を最も重視します。適正な繁殖や衛星管理のもと、繁殖・飼育を行うため、先天性疾患の心配や感染症の恐れがありません。後々の医療費などを考慮しても、優良ブリーダーから健康な子犬を迎え入れることが生涯の育成費用を抑えることにも繋がります。
愛犬は大切な家族の一員です。誰もができるだけ長く一緒に過ごしたいと思うことでしょう。そのためにも、健康なトイプードルと出会うことが最も大切です。

トイプードルの子犬を探す