トイプードルの涙やけの対策方法

トイプードルの涙やけは、注意していてもいつの間にかくっきりとできてしまいます。トイプードルの可愛い顔にできてしまった涙やけ、何とかきれいにしてあげたいですよね。一度できてしまった涙やけはもう消えないのでしょうか?トイプードルの涙やけ対策方法をご紹介します。

1.トイプードルの涙やけとは|トイプードルの涙やけの原因

トイプードルの涙やけとは、涙が被毛についてしまうことによる目頭から目の周りにできる濃い赤茶色っぽい色の被毛の変色です。

トイプードルの涙やけは、「流涙症」という目の病気の症状のひとつです。そもそも犬には、人間のように「悲し涙」や「嬉し涙」といった感情による涙は存在しておらず、トイプードルが涙をあふれ出しているのは何らかの目の異常によるものと考えられます。流涙症によってあふれた涙がトイプードルの被毛につき、時間が経つと雑菌やバクテリアが繁殖し涙やけができてしまうのです。流涙症の症状は涙やけのほか、涙が出る、目ヤニが増える、鼻の横に湿疹ができる、湿疹部をこすろうとする、などがあります。トイプードルの流涙症(涙やけ)の原因には以下のような原因が考えられます。

涙の過剰分泌

涙が異常に大量分泌されてしまうことが涙やけの原因のひとつです。涙の過剰分泌の要因として、ゴミなどの異物混入による刺激や、逆さまつげや眼瞼内反症による持続的な眼球への刺激のほか、結膜炎、角膜炎、眼瞼炎などの目の炎症が考えられます。また高齢のトイプードルは筋力の低下による瞬きの減少で涙のコントロールがうまくできず、涙が異常に出てしまうことがあります。トイプードルの涙やけは、一種の老化現象の現れでもあります。

涙を排出する鼻涙管が詰まっている

本来、トイプードルの涙は生理的に随時分泌されており、鼻涙管を通って鼻の中に流れていきます。そのため、涙の分泌量は正常であっても流涙症によって鼻涙管が詰まってしまうと、うまく排出されなかった涙があふれてしまい、涙やけができてしまいます。鼻涙管に問題が要因として、鼻炎、副鼻腔炎による鼻涙管への圧迫、鼻腔や上顎骨周辺の腫瘍、涙嚢(るいのう)の炎症、涙小管の炎症のほか、先天性の疾患が考えられます。

2.トイプードルは涙やけができやすい犬種

多くのトイプードルの飼い主が涙やけに悩んでいますが、もともとトイプードルのように目が大きく短頭種の犬種は涙やけができやすいと言われています。目が大きく目が前に出ている犬種は、目の中にホコリやゴミが入りやすく涙が過剰に出やすいのです。また短頭種は目と鼻の距離が近く、鼻涙管があふれやすく先天的に涙小管が細くなる場合が多いのです。そのため、トイプードルは流した涙が排出しきれずあふれ出てしまい涙やけができてしまいます。さらにトイプードルの中でも、ホワイトとアプリコットの明るい毛色は、被毛が変色しやすいため涙やけができやすく、またできてしまった涙やけも目立つため注意が必要です。

トイプードルの他にも、チワワ、ポメラニアン、シーズー、パピヨン、マルチーズ、キャバリア、コッカー・スパニエル、ビションフリーゼ、パグ、ブルドッグなどが涙やけしやすい犬種として挙げられます。

3.トイプードルの涙やけは治らない?

トイプードルに一度できてしまった涙やけは、毛の生え変わりなどがない限り、拭いてもなかなかきれいには戻りません。涙やけができないようにあらかじめ予防すること、そして涙やけができてしまった場合はそれ以上悪化しないようにケアしてあげることが大切です。

4.トイプードルの涙やけ対策方法

涙やけの原因を病院で治療する

逆さまつ毛や何らかの炎症等の病気によって涙やけを起こしている場合は、その原因となっている根本の病気を治療することが必要です。鼻涙管の洗浄、逆さまつ毛には点眼薬が処方されるなど、病気によって治療法が異なるため病院で診断してもらいましょう。また、先天的に鼻涙管が閉じてしまっている場合には、外科手術を行い鼻涙管を開いてもらう必要があります。まずは獣医師に相談しましょう。

ドッグフードを変える

ドッグフードや食べ物が涙やけの原因である鼻涙管に影響を与えている可能性があります。添加物や高カロリー・高タンパク質のドッグフードを与え続けていると、トイプードルの体内で消化しきれずに涙やけを誘発することがあるのです。慢性的な涙やけにはドッグフードを変えてみるのもひとつの改善策です。ドッグフードを選ぶ際は、涙やけに悪影響な肉骨粉、動物性油脂、着色料、合成保存料(エトキシキン、BHA、BHT等)などの成分が入っていないかをチェックしましょう。涙やけの原因を作りやすいのは添加物であるため、質の良い無添加のドッグフードがおすすめです。また、犬用のおやつやジャーキーは、涙やけに悪影響のある油や添加物を使っているものが多くあります。質の悪い油は涙もドロドロにしてしまうため、できるだけドッグフード以外のごはんは与えないようにしましょう。

まめにトイプードルの目の周りを拭く

清潔な柔らかいガーゼかコットンに涙やけ専用ウォーターを染み込ませて、トイプードルの目の周りの被毛の毛流れに沿って、汚れや目ヤニをやさしく拭き取ります。目周りは特にデリケートなため、ウェットティッシュを使用する場合も犬専用のやさしい成分のものを選びましょう。

トイプードルの目元マッサージ

トイプードルの目頭部分をやさしく軽く揉むようにマッサージしてあげましょう。目元マッサージをすることで鼻涙管の詰まりの改善が期待できます。マッサージをする際は、爪先ではなく指の腹を使ってトイプードルの目と水平になる位置に指を置いて、トイプードルの目に爪や指が入らないように注意しながらマッサージをするようにしましょう。

5.トイプードルの涙やけには飼い主の気付きが大切

トイプードルの涙やけには特効性のある治療方法はありません。日々のマメな目元ケアや、適切な食事管理が大切です。また、トイプードルはストレスによって鼻涙管を詰まらせてしまうこともあります。トイプードルの生活環境や飼育方法にストレスが掛かっていないか、見直してみるのも良いでしょう。トイプードルの目に異常を感じたらすぐに獣医師に相談するなど、飼い主の気付きによってトイプードルの涙やけは改善できるため、日頃から注意して目元をチェックしてあげましょう。

トイプードルの子犬を探す