犬にも冷え性ってあるの!?|犬の身体の冷えによる症状とその対策

11261view
Pocket
LINEで送る

本格的な冬がやってくると、寒さに弱い小型犬にとっては辛い季節の到来です。愛犬のために、ペットヒーターやペット用のホットカーペットなどを用意して、寒さに備えている家庭も多いでしょう。ところで、そのような寒さで体全体が冷えていることとは別に、愛犬の足先が冷たいと感じたことはありませんか? 意外だと驚かれる人も多いかもしれませんが、実は犬にも人間の冷え性に似た状態になることがあります。人間で言う冷え性とは、「多くの人が寒さを感じないような温度であっても、手足や下半身の一部、もしくは全身が冷えてつらいと感じる症状」とされています。今回は、犬の冷え症について紹介します。

犬の冷え症とは?

犬 冷え症

人間と同じように犬の体も、血管を拡張させたり収縮させたりすることで内臓のある体の中心部の温度を維持しています。気温が低い時には、温かい血液を体の中心部に集めるために四肢の毛細血管は収縮します。すると、血液が抹消に十分に行き渡らなくなってしまうために、肉球など四肢の先端から冷たくなってしまうのです。そのほかにも、様々な原因で血行不良が起こることで犬の身体は冷えやすくなります。これらは、人間の冷え性とよく似た状態と言えるでしょう。

犬の身体が冷えている時の状態

1.犬の身体や四肢の先端、肉球が冷たい

もっともよくある症状です。冬になると布団に潜り込んでくる犬も多いですが、冷たい身体に驚いてしまうこともあるでしょう。

2.犬が常に震えている

身体全体が冷えていると、身体をブルブルふるわせることで熱を産生します。特にチワワなどの寒さに弱い犬種の冷えでこういった症状がよく見られます。

3.歯茎の色が白っぽい

血行不良が起こっているため、歯茎の色がいつもと違って白っぽくなることがあります。ただし、冷えとは異なる大きな病気が隠れている場合もあるので、常に歯茎の色が白っぽい場合は動物病院を受診しましょう。

犬の冷え症と病気の関係

人間でも、寒くなると腰や関節が痛むということはよく耳にすると思います。それと同様に、椎間板ヘルニアや関節炎といった疾患をもつ犬は、身体が冷えていると痛みを感じやすくなることが多いようです。また、内分泌疾患や循環器疾患をはじめとした全身性の病気にかかっていると、気温に関係なく血行不良による冷えが起こりやすくなります。

犬の冷え症対策の方法

犬 冷え症

1.環境の工夫

愛犬が冷え症体質の場合は、愛犬が自由に温度調節できるように環境を整えてあげましょう。マットやクッションを厚手のものにしておいたり、ひなたぼっこができるように日当たりのいい場所をつくってあげたりすることも効果的です。また、夏場であっても空調の利いた室内では犬の身体の冷えが起こりがちです。夏も厚手のハーフケット(毛布)を置いておくようにしましょう。

2.マッサージや運動

人間と同様に足裏のマッサージで血流を改善させたり、リンパマッサージをしてあげたりすることが、冷え症対策として有効です。時間に余裕がない時は、足先や耳先をマッサージするだけでも多少変わってくるので、スキンシップの一環として少しずつ毎日続けると良いでしょう。また、適度な運動で血流を良くすることも、冷え症を改善するのに役立ちます。

犬の冷え症対策の注意点

犬の身体が冷たいからといってお風呂で温めることは、逆に身体を冷やすことになりますので絶対にしないでください。犬の体を濡らす行為は、冷え症対策にはなりません。あくまでも、運動やマッサージなどを取り入れ、上手に犬の冷え症と付き合っていきましょう。

いかがでしたか? 最近は、年中空調が効いている室内で生活しているために、体温調節が苦手な犬も増えてきているようです。特に冬場は冷えを起こしやすい時期ですので、愛犬が快適に過ごせるように対策をしてあげてくださいね。また、愛犬の冷え症が病気に繋がったり、冷えそのものが病気のサインであったりすることもあります。愛犬の体調にいつもと違う様子がある時は、早めに動物病院を受診しましょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

チワワの去勢・避妊手術のメリットとデメリット

新しくチワワを自宅に迎えた飼い主が選択をしなければいけないことのひとつに、愛犬の去勢・避妊手術があります。去勢・避妊手術には、繁殖を避ける効果以外にも病気の予防などの効果があります。しかし、去勢手術も避妊手術も全身麻酔が必要になり、チワワの体にメスを入れることになるため、手術を受けさせるべきかどうか悩む飼い主も多く...

  • 1897view

ペットのストラップや仏壇まで!ペット のメモリアルグッズを作れるお店

いまやペットサービスは多岐にわたり、様々なジャンルの便利なペットグッズが増え続けています。中でもペットの写真グッズは愛犬家に大人気!ペットと過ごしたかけがえのない素敵な思い出は写真に残したいものですよね。いつまでもペットのことを身近に感じていたい、ペットと離れたくないと思う気持ちを、メモリアルグッズとして残すことが...

  • 1944view

愛犬のノミ・ダニ対策それだけで大丈夫?正しいノミ・マダニ対策

犬などのペットを飼っている人にとって、気になる問題のひとつがノミ・ダニ対策ですよね。ノミやダニは自然に家の中に発生するものではなく、散歩中に飼い主の衣服や犬に付着するなどして、外から家の中へと入ってきます。「うちはノミ・ダニ対策をしているから大丈夫!」と思っている飼い主のあなた。本当にその対策だけで十分なのでしょう...

  • 2732view

ロングコートチワワってどんな犬? ロングコートチワワの魅力と育て方

チワワは、近年人気犬種ランキングのベスト5には必ず入っている圧倒的な人気を誇っています。チワワの中でもロングコートチワワ、ぬいぐるみのようにふわふわの被毛が愛らしく、思わず抱きしめてしまいたくなりますよね。ロングコートチワワは、スムースチワワをベースにパピヨンとポメラニアンの特徴をプラスさせた種類です。今回は、そん...

  • 4470view

トイプードルもアンチエイジングする時代!|トイプードルのアンチエイジングの方法

トイプードルにもいまアンチエイジングが注目されています。人間社会と同様に、トイプードルの長寿化が進んでおり、愛犬にはできるだけ健やかな老後を過ごしてほしいを願う飼い主が増えているのです。飼い主がトイプードルにしてあげられるアンチエイジングとはどのようなことがあるのでしょうか。 トイプードルも長寿化が進んでいる...

  • 722view

マズルコントロールとは?ポメラニアンのマズルをつかむ(触る)練習

「マズルコントロール」という言葉を聞いたことはありますか?犬のマズルとは鼻先から口にかけた部分を指します。マズルコントロールとは、犬のマズルをつかむことで行なうしつけの方法です。愛犬であるポメラニアンのしつけにマズルコントロールを取り入れることを検討している人もいるでしょう。しかし、実は最近は、マズルコントロールに...

  • 2023view

トイプードルに果物は与えて良い?|トイプードルが食べて良い果物とダメな果物

あなたが果物を食べていた時、トイプードルが果物をほしがることはありませんか?犬はもともと甘い物が大好きです。果物は果糖が多く甘みがある上にビタミンやミネラルも豊富。実はトイプードルに上手に与えると、良い効果がある食べ物なのだとか。しかし、トイプードルが食べると危険な果物や注意が必要な果物もあるため、確認してから与え...

  • 6597view

ペットフード安全法ってどんな法律?

ペットフードの安全を守るためにペットフード安全法というものがあります。人間の食べ物を対象にしている「食品衛生法」と同じように、ペットフードにも法律があります。2009年6月1日より施行された「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」です。ペットフード安全法の対象となるのは犬及び猫用の...

  • 439view