犬にも冷え性ってあるの!?|犬の身体の冷えによる症状とその対策

15879view
Pocket
LINEで送る

本格的な冬がやってくると、寒さに弱い小型犬にとっては辛い季節の到来です。愛犬のために、ペットヒーターやペット用のホットカーペットなどを用意して、寒さに備えている家庭も多いでしょう。ところで、そのような寒さで体全体が冷えていることとは別に、愛犬の足先が冷たいと感じたことはありませんか? 意外だと驚かれる人も多いかもしれませんが、実は犬にも人間の冷え性に似た状態になることがあります。人間で言う冷え性とは、「多くの人が寒さを感じないような温度であっても、手足や下半身の一部、もしくは全身が冷えてつらいと感じる症状」とされています。今回は、犬の冷え症について紹介します。

犬の冷え症とは?

犬 冷え症

人間と同じように犬の体も、血管を拡張させたり収縮させたりすることで内臓のある体の中心部の温度を維持しています。気温が低い時には、温かい血液を体の中心部に集めるために四肢の毛細血管は収縮します。すると、血液が抹消に十分に行き渡らなくなってしまうために、肉球など四肢の先端から冷たくなってしまうのです。そのほかにも、様々な原因で血行不良が起こることで犬の身体は冷えやすくなります。これらは、人間の冷え性とよく似た状態と言えるでしょう。

犬の身体が冷えている時の状態

1.犬の身体や四肢の先端、肉球が冷たい

もっともよくある症状です。冬になると布団に潜り込んでくる犬も多いですが、冷たい身体に驚いてしまうこともあるでしょう。

2.犬が常に震えている

身体全体が冷えていると、身体をブルブルふるわせることで熱を産生します。特にチワワなどの寒さに弱い犬種の冷えでこういった症状がよく見られます。

3.歯茎の色が白っぽい

血行不良が起こっているため、歯茎の色がいつもと違って白っぽくなることがあります。ただし、冷えとは異なる大きな病気が隠れている場合もあるので、常に歯茎の色が白っぽい場合は動物病院を受診しましょう。

犬の冷え症と病気の関係

人間でも、寒くなると腰や関節が痛むということはよく耳にすると思います。それと同様に、椎間板ヘルニアや関節炎といった疾患をもつ犬は、身体が冷えていると痛みを感じやすくなることが多いようです。また、内分泌疾患や循環器疾患をはじめとした全身性の病気にかかっていると、気温に関係なく血行不良による冷えが起こりやすくなります。

犬の冷え症対策の方法

犬 冷え症

1.環境の工夫

愛犬が冷え症体質の場合は、愛犬が自由に温度調節できるように環境を整えてあげましょう。マットやクッションを厚手のものにしておいたり、ひなたぼっこができるように日当たりのいい場所をつくってあげたりすることも効果的です。また、夏場であっても空調の利いた室内では犬の身体の冷えが起こりがちです。夏も厚手のハーフケット(毛布)を置いておくようにしましょう。

2.マッサージや運動

人間と同様に足裏のマッサージで血流を改善させたり、リンパマッサージをしてあげたりすることが、冷え症対策として有効です。時間に余裕がない時は、足先や耳先をマッサージするだけでも多少変わってくるので、スキンシップの一環として少しずつ毎日続けると良いでしょう。また、適度な運動で血流を良くすることも、冷え症を改善するのに役立ちます。

犬の冷え症対策の注意点

犬の身体が冷たいからといってお風呂で温めることは、逆に身体を冷やすことになりますので絶対にしないでください。犬の体を濡らす行為は、冷え症対策にはなりません。あくまでも、運動やマッサージなどを取り入れ、上手に犬の冷え症と付き合っていきましょう。

いかがでしたか? 最近は、年中空調が効いている室内で生活しているために、体温調節が苦手な犬も増えてきているようです。特に冬場は冷えを起こしやすい時期ですので、愛犬が快適に過ごせるように対策をしてあげてくださいね。また、愛犬の冷え症が病気に繋がったり、冷えそのものが病気のサインであったりすることもあります。愛犬の体調にいつもと違う様子がある時は、早めに動物病院を受診しましょう。

Pocket
LINEで送る

関連記事

犬の虫除けの落とし穴!愛犬を虫から守る虫除け対策法

春から夏の暖かい季節は、愛犬の虫除け対策が気になりますよね。特に、蚊やノミ、ダニは、愛犬の健康を大きく害する病気をもたらす可能性があります。今回は、効果的な犬の虫除け対策、ノミ・ダニ・フィラリア症予防についてまとめました。 犬にも虫除け対策が必要なワケ 愛犬の命までもを脅かすフィラリア症 犬が蚊に刺される...

  • 10349view

犬の臭い対策に何してる?|犬の臭いの原因と対策法

犬を飼っていると必ず出てくる問題が犬の臭いですよね。犬の臭いは、犬種による違いよりも個体による違いのほうが大きいと言われています。つまり、飼い主の臭いに対するお手入れの差で違いが出てくるのです。犬は主に、口・耳・肛門嚢・皮膚・毛、などの部位から臭ってきます。飼い主は慣れているため気にならないことが多いものの、来客な...

  • 2123view

犬にナッツは食べさせてはいけない!|犬にナッツがダメな理由

犬に食べさせると危険な食材は多数あります。有名な食べ物だと玉ねぎなどのネギ類や、チョコレートなどのカカオ類、レーズン、ブドウ、アボガド、貝類などが挙げられます。さらには、犬にはナッツ類も食べさせてはいけない食材です。犬にナッツをあげる危険性についてまとめました。 犬にナッツを食べさせるのが危険な理由 ...

  • 9180view

犬の口臭対策|犬の口臭には子犬期からの歯磨きが大切!

あなたのチワワやトイプードル、パピヨンなど愛犬の口臭が気になったことはありませんか?犬の口臭は歯磨き不足だけでなく、何らかの病気が原因の場合もあります。「愛犬の口臭、いつもと臭いが違う?」「愛犬の口臭が強くなってきた」と感じる場合は注意が必要です。犬の口臭の原因を知っておき、口臭を対策しましょう。 犬の口臭の原因...

  • 1492view

愛犬のストレスチェック|犬がストレスを溜める原因と解消法

犬も実はストレスが溜まっていることを知っていますか。犬にストレスがあると、体調不良や病気の原因になるリスクもあります。「愛犬がいつもと違う」「愛犬が何だか機嫌が悪い」と思った時は、放っておかず、日頃ストレスの原因になっているようなことはないか観察することが大切です。 犬がストレスを感じてしまう原因 ...

  • 7008view

愛犬への薬の上手な飲ませ方

愛犬が病気になって動物病院で診察を受けると、薬を処方されることがありますよね。塗り薬や飲み薬、点眼薬、点耳薬など、犬の薬にも様々な種類があります。中でも、飲み薬を上手に飲ませることはなかなか難しいものです。早く治してあげたい、早く症状を楽にしてあげたい、という思いが強いあまりに、薬を飲ませる手に力が入りすぎてはいま...

  • 3382view

動物病院の上手な選び方

自宅の近くにかかりつけの動物病院はありますか?犬を飼っていると動物病院に行かなくてはならない場面が必ずあります。愛犬が病気になってから動物病院を探していると、なかなか納得のいく動物病院に出会えなかったりと困ってしまうこともあるかもしれません。あらかじめ愛犬に合った動物病院をあらかじめ見つけておき、かかりつけの動物病...

  • 933view

犬にサプリは必要?|犬のサプリの正しい選び方と効能

犬にとってサプリメントは、食事だけでは補えない栄養素を摂取するための「栄養補助食品」です。人間同様、サプリメントは犬の健康管理・体力維持・症状改善等に大きな効果が期待できます。しかし、用量や用法などを間違えてしまうと、犬が下痢や嘔吐を引き起こす原因となってしまう場合もあります。犬にサプリメントを利用する際は、獣医師...

  • 1946view