ipet クイズ
こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
ミニチュアピンシャー

ミニチュアピンシャー

【ミニチュアピンシャー概要|ミニチュアピンシャー ブリーダー解説】
ミニチュアピンシャーは、肩から腰にかけてのラインがほどよく引き締まっていて、がっしりとした小型の体格で、活発な性質と冷静で警戒心の強い性質の両面を持っています。最もパワフルな犬種のひとつであるミニチュアピンシャーは、常になにかおもしろいことを見つけようとせわしなく動き回り、大胆で恐い者知らずなところがあります。

【ミニチュアピンシャーの育て方|ミニチュアピンシャー ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
多くのブリーダーはミニチュアピンシャー(他の犬にも言えることですが)のしつけの時期は早ければ早いほど良いと言います。特にミニチュアピンシャーの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。しつけが遅れると犬だけでなく飼い主にも苦痛が増えます。言うことを聞かなくなる分、怒ることが増えますし、犬もなぜ怒られているのかわからない為、ストレスになります。

●トイレトレーニング
ミニチュアピンシャーの子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでミニチュアピンシャーがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげます。20〜30分したらミニチュアピンシャーをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。あまり長くミニチュアピンシャーをゲージの外に出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いミニチュアピンシャーで7日間、遅いミニチュアピンシャーで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにゆっくりしつけていきましょう。

●無駄吠え
ミニチュアピンシャーは吠えることがとても多いと言われています。ミニチュアピンシャーにとって吠えることは言葉の変わりです。つまりミニチュアピンシャーが何を伝えたいかを把握してあげることが大切です。また吠えたからといって、大きな声で叱ってしまうと、ミニチュアピンシャーは飼い主がもっと吠えろと応援しているように勘違いすることもありますので要注意です。しつけに対しては、吠えることで嫌なことがある、このことをミニチュアピンシャーに教えるのが基本とも言えます。噛まれれば噛み返すとよく言いますが、吠えたら大きな声で叱るのは返って逆効果です。ミニチュアピンシャーが吠えたら、すぐに嫌なことがあると教えることです。
●食事
食事の回数は、ミニチュアピンシャーの子犬なら3〜4回、ミニチュアピンシャーの成犬で1〜2回にします。食べ過ぎよりも腹八分で気持ち足りないくらいがちょうどいい目安です。15分程度ですべて食べてしまうくらいの量が適切といわれていますが、個体ごとに適量は違いますので、便の量や固さを見て調整してあげましょう。
●睡眠
ミニチュアピンシャーの子犬は一日に平均して19時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またミニチュアピンシャーは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、可愛いと抱きたくなる気持ちを抑え、ゆっくりと眠らせてあげましょう。
●散歩
ミニチュアピンシャーの健康のためには散歩や運動が大切です。しかし散歩は毎日決められた時間に行く必要はありません。逆に毎日決められた時間に散歩する習慣をつけると、散歩に行く時間になると吠えたり暴れまわって、散歩をせがむようになります。習慣になった場合、散歩に行かないことがあるとミニチュアピンシャーにもストレスとなります。決められた時間ではなく、朝夕各20分づつなどと余裕を持った間隔でいいですね。また季節によって散歩の時間帯も限られてきます。夏場には道路が熱くなる前の6時頃や、アスファルトの熱がさめる20時ごろが散歩にはベストな時間帯です。ミニチュアピンシャーは暑さに強いわんちゃんですが、真夏の日中の焼けたアスファルトは歩けるものではありません。また照り返しのキツイ時間帯も日射病や熱射病などの恐れもあります。また冬場は特に寒さに注意してあげましょう。ミニチュアピンシャーは寒さに弱いわんちゃんなので、冬の早朝はさけ、少し暖かくなった午前中や、夕方も日が落ちない時間帯に散歩するといいですね。それでも寒そうな日はわんちゃん用の防寒着を着せてあげて出かけるようにしましょう。
●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
ミニチュアピンシャーが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。
▶混合ワクチン:
生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。
▶狂犬病予防接種:
犬にとって一番怖い病気の一つです。ミニチュアピンシャーの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。
▶フィラリア:
寄生虫の一種であるフィラリアは蚊を介して虫が犬の体内に入り込みます。このため蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切な愛犬の為にしっかりと予防してあげましょう。
【手入れ|ミニチュアピンシャー ブリーダー解説】
ミニチュアピンシャーの手入れは、子供の頃から手入れをやさしいすることで成犬になってからも嫌がらず手入れすることができます。ミニチュアピンシャーが子犬の頃の手入れは毎日行う必要がありませんが、成犬になった時の手入れのための練習として、行うようにするといいでしょう。手入れを嫌がらないように練習することは、手入れだけでなくミニチュアピンシャーの健康をみたりケガなどの手当てをするうえで役立ちます。ブラッシングなどの手入れは、ほとんどのミニチュアピンシャーはあまり嫌がることはありません。手入れ嫌いにならないためには、ミニチュアピンシャーが子犬の頃より乱暴な手入れせずに、いっしょに遊んであげるという姿勢で手入れの練習をすることが重要です。また日頃からどこを触ってもいやがらないよう、ミニチュアピンシャーをやさしく撫でてあげるようしておくことも大切です。
【代表的な病気|ミニチュアピンシャー ブリーダー解説】
ミニチュアピンシャーの有名な病気は糖尿病やそけいヘルニアです。また拡張型心筋症などもミニチュアピンシャーのようなわんちゃんにはよくある病気でしょう。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別ミニチュアピンシャー ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のミニチュアピンシャー ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。