ipet クイズ
こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグ

【フレンチブルドッグ概要|フレンチブルドッグ ブリーダー解説】
フレンチブルドッグは、そのしかめっ面とは対照的で、陽気で愛想良く、穏やかで甘えん坊な性格をしていて、ときにはおどけた面も見せます。いつもは落ち着いていますが、勇敢さ(凶暴ではない)も兼ね備えています。ブルドッグと違う、少々気まぐれな動き、振る舞いは、自由な感じを与えます。フレンチブルドッグは、ブルドッグとは異なり、ピンと立ったコウモリ耳をしています。フレンチブルドッグは、基本的に素直でおっとりした犬種ですが、頑固な一面も持っており、自分の納得出来ない事には従わない事もあります。しかし、飼い主や家族には従順で、子供とも友好的に付き合う事が出来る家族想いの性格を持っています。フレンチブルドッグは、人に大きな喜びを与える楽しい伴侶犬で、しつけや世話も容易で、優しく、落ちつきがあり、気さくな性格で、他のペットたちとも快活に振る舞います。

【フレンチブルドッグの育て方|フレンチブルドッグ ブリーダー解説】
● しつけを始める時期
フレンチフレンチブルドッグは、おおらかな性格で、物覚えもいいので、しつけしやすい犬種と言えるでしょう。さらにフレンチブルドッグのしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にフレンチブルドッグの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。さらに言うことを聞いたら大袈裟なくらい褒めてあげましょう。
● トイレトレーニング
子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでフレンチブルドッグがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらフレンチブルドッグをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。あまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いフレンチブルドッグで1週間、遅いフレンチブルドッグで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。
● 無駄吠え
フレンチブルドッグの無駄吠えのしつけの基本は吠えても無視することです。それでもなかなか収まらない場合、新聞紙を丸めたものなどで、床などを叩いて大きな音をたてたり、フレンチブルドッグに誰がやったか気づかれないように水鉄砲などで顔に水をかけたりするのがいいでしょう。またフレンチブルドッグの子犬が寂しがらないようにぬいぐるみなどを入れてあげるのもいいでしょう。

● 食事
フレンチブルドッグが子犬のころは消化器官が未発達なので、一日に3回から4回に食事を分けて与えてあげるといいでしょう。フードをお湯で15分から20分ほどかけてふやかしてあげます。ふやけたフードを冷ましてあげてから与えてあげましょう。尚3ヶ月を超えた犬には固いフードを与えても良いでしょう。徐々に回数を減らし、その分一回一回のフードの量を増やしていくといいですね。
● 睡眠
フレンチブルドッグの子犬は一日に平均して18時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またフレンチブルドッグは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、フレンチブルドッグが安心して眠れるクレートなどを用意してあげるといいでしょう。
● 散歩
フレンチブルドッグは体温調節が苦手で、暑さと寒さに弱い犬種です。なので、散歩の時間も夏なら朝夕、冬は暖かい昼の時間を選んであげましょう。またフレンチブルドッグは激しい運動を好まないので、気分転換程度の散歩で十分ですが、肥満予防の為に少しずつ散歩を習慣づけてあげるといいですね。
● 予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
フレンチブルドッグが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。
① 混合ワクチン:生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。
② 狂犬病予防接種:犬にとって一番怖い病気の一つです。フレンチブルドッグの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。
【手入れ|フレンチブルドッグ ブリーダー解説】
フレンチフレンチブルドッグは短毛犬種なので、カットを行う必要はありませんが、抜け毛が多いのが特徴です。なので、毎日のブラッシングによって皮膚に付着した汚れを除去してあげると良いでしょう。またしわの間はとてもケアが必要な箇所です。特に鼻回りは要チェックポイントです。この部分から皮膚病が発生するケースも多々ありますので、常に潔癖でいさせてあげましょう。さらにきれいな体を維持するために季節や年齢に合わせて2週間から2ヶ月の間に一回はシャンプーで洗ってあげましょう。

【代表的な病気|フレンチブルドッグ ブリーダー解説】
フレンチブルドッグは鼻腔狹窄や口蓋裂、股関節形成不全などがあります。また膝蓋骨脱臼や眼瞼内反症などがよくあると言われています。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別フレンチブルドッグ ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のフレンチブルドッグ ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。