ipet クイズ
こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
ビーグル

ビーグル

【ビーグル概要|ビーグル ブリーダー解説】
ビーグルはもともと、集団で狩りをする狩猟犬だったため、他の犬と打ち解けやすい性質を持っています。野外に出ると探検に夢中になる傾向があるので、外で適度な運動をさせることで、従順で落ち着きのあるペットとなります。穏やかで忍耐力があり、遊びや探検にいつでも喜んで参加するので、子供の遊び相手にも適しています。

【ビーグルの育て方|ビーグル ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
ビーグル(他の犬にも言えることですが)のしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にビーグルの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。しつけが遅れるとビーグルにも苦痛が増えます。ビーグルが言うことを聞かなくなる分、飼い主が怒ることが増えますし、犬もなぜ怒られているのかわからない為、ストレスになります。

●トイレトレーニング
ビーグルの体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでビーグルがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、一緒に遊んで、大げさなくらい褒めてあげましょう。20〜30分したらビーグルをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。あまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いビーグルで7日間、遅いビーグルで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにゆっくりしつけていきましょう。

●無駄吠え
ビーグルはよく無駄吠えをすると言われていますね。ビーグル特有の低く長いうなり声は、狩猟犬として獲物の居場所を教えるときの習性からきているようです。ビーグルも甘えたい、空腹である、縄張りを示すなど何かを伝えようとしているのです。つまりビーグルにとっては吠えるのは当たり前の行動なのです。無駄吠えの問題はビーグルが吠える理由を飼い主が理解して、ちゃんと対応しているかどうかが大切になってきます。無駄吠えしているのに吠えるのをやめさそうとおやつをあげたり遊んでしまうと、ビーグルは吠えればかまってもらえると考えるようになってしまいます。おとなしくしているときにビーグルとたくさん遊び、吠えたら遊ぶのをやめて無視する。ビーグルに「吠えてもいいことはない」と理解させることが大切です。ビーグルは小さい体のわりに大きい声が気になるかもしれませんが、無駄吠えを止めさせるには常日ごろからのスキンシップが大切ですね。
●食事
食事の回数は、ビーグルの子犬なら3〜4回、ビーグルの成犬で1〜2回にします。ビーグルは胃袋も大きくはないため、食べ過ぎよりも腹八分で気持ち足りないくらいがちょうどいい目安です。15分程度ですべて食べてしまうくらいの量が適切といわれていますが、個体ごとに適量は違いますので、便の量や固さを見て調整してあげましょう。
●睡眠
ビーグルの子犬は一日に平均して19時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またビーグルは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物ですので、抱きたくなる気持ちを抑え、ゆっくりと眠らせてあげましょう。
●散歩
ビーグルは小型犬ですが運動することが大好きな犬種です。ビーグルは運動量が多いというより持久力やスタミナの強い犬種になるので長時間の散歩が向いています。さらに、ビーグルは毛並みも短毛なので雨の日の散歩も平気です。ビーグルが狩りをしているようなイメージの散歩をしてあげるとストレス発散にも繋がり、はつらつとしたビーグルらしさを楽しむ事が出来ると思います。ビーグルは小型犬なので散歩の時間などが不足しがちになります。また、ビーグルは運動量をしっかりととらないと肥満になりやすい犬種でもありますので、気をつけたいですね。
●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
ビーグルが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。
▶混合ワクチン:
生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。
▶狂犬病予防接種:
犬にとって一番怖い病気の一つです。ビーグルの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。
▶フィラリア:
寄生虫の一種であるフィラリアは蚊を介して虫が犬の体内に入り込みます。このため蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切な愛犬の為にしっかりと予防してあげましょう。
【手入れ|ビーグル ブリーダー解説】
ビーグルは硬毛の短毛の犬種になります。短い毛が密生しているのがビーグルの特徴ですね。
ビーグルの毛質は硬い毛ではありますがとても光沢のある綺麗な毛並みをもつわんちゃんです。シングルコートやダブルコートなどの犬種のような特別に必要なお手入れはビーグルには必要ないといっても大げさではありません。ビーグルは短毛で密生している毛質なので
寒さにも強く、雨などにも強い犬種になります。
【代表的な病気|ビーグル ブリーダー解説】
ビーグルの有名な病気は椎間板ヘルニアや糖尿病です。またてんかんなどもビーグルのようなわんちゃんにはよくある病気でしょう。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別ビーグル ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のビーグル ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のビーグル ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のビーグル ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のビーグル ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のビーグル ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のビーグル ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のビーグル ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のビーグル ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のビーグル ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のビーグル ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。