ipet クイズ
こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
チワワ

チワワをブリーダーから購入する際に気を付けたいポイント

1.購入を検討しているチワワブリーダーの信頼性


ブリーダーから直接チワワの子犬を迎えたいと思う方が多いと思います。多くの方は、まずインターネットで情報を探し、自宅に近く、家族等と一緒に犬舎を見に行きやすいブリーダーにコンタクトをとるようです。また、ブリーダーから直接チワワを購入した身近な人が居る場合は、ぜひ紹介して貰いましょう。
ブリーダーに対してチワワに関する疑問点をいろいろとぶつけてみることが、後々の後悔を避ける一つの方法です。ブリーダーから初めてチワワを購入する人は、不安な点がたくさんあると思います。かかりやすい病気や、しつけの方法や散歩の頻度、トリミングの頻度など、健康面から日常の悩みまで、いろんなことをご質問して相性を確かめてください。

2.チワワの購入の際に知っておきたい犬種の特徴


チワワは愛らしい大きな目と耳が特徴的な、世界で一番小さな犬です。基本的に好奇心旺盛で活発。きわめて忠実で、飼い主に対し一途な深い愛情を示します。 そのため、飼い主が他の犬をかわいがったりすると、焼きもちをやくこともあります。また、チワワは、活発で好奇心も旺盛、敏捷に動く姿が印象的です。甘ったれなところがある反面、自意識が強いため、大きな犬の前でも堂々と自分を主張し、自分よりもはるかに体が大きい犬に立ち向かって行くなんて場面も見られます。このように、チワワは見かけによらずとても勇敢な犬です。用心深く機敏なので、番犬としても役立つでしょう。しかし、チワワには臆病な面もあるので、大きな音に怯えたり風に怯えたりすることもあります。また、チワワは人間からたっぷり愛情をもらうことを何より喜びます。チワワはとても賢く、理解力に優れ、物事の飲み込みが早い犬種です。しつけやトレーニングの飲み込みが早く、身体は小さい割に多くの運動量を必要とする犬種です。



3.チワワをブリーダーから購入した後の育て方


  • チワワのしつけを始める時期

    ブリーダーから購入したチワワのしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にブリーダーから購入したチワワの場合には生後2〜3ヶ月が最適と 言えるようです。しつけが遅れると犬だけでなく飼い主にも苦痛が増えます。言うことを聞かなくなる分、怒ることが増えますし、犬もなぜ怒られているのかわからない為、ストレスになります。
  • チワワのトイレトレーニング

    ブリーダーから購入したチワワの体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでチワワがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらブリーダーから購入したチワワをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。あまり長く出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いチワワで7日間、遅いチワワで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。
  • チワワの無駄吠え

    ブリーダーから購入した、体の小さいチワワには臆病なところがあります。なので、ちょっとした物音や気配にも反応します。その警戒心から吠えてしまうことが多いのです。怖がって吠えているチワワは、飼い主さんが安心させてあげるのが一番です。優しく体を触ってあげて、チワワに怖がらなくても大丈夫だよと声をかけてあげるといいでしょう。体重も重くないため、抱っこしてあげるのもいいかもしれませんね。
  • チワワの食事

    ブリーダーから購入したチワワの食事の回数は生まれてからの期間によって変わります。ブリーダーから購入したチワワの生後30〜90日は、1日の分を4分の1に分けて、1日に4回あげましょう。生後90日〜 6ヶ月は、だんだん1日4回の食事を徐々に3回にしていきましょう。また、生後6〜18ヶ月は、成長期の大事な時期です。食事の量を増やし、一日に2回の食事にしていきましょう。
  • チワワの睡眠

    ブリーダーから購入したチワワの子犬は一日に平均して19時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またチワワは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、可愛いと抱きたくなる気持ちを抑え、ゆっくりと眠らせてあげましょう。
  • チワワの散歩

    チワワなどの超小型犬は一日に二回(朝と夕)の散歩が必要です。特にチワワは一回の散歩時間は約15分から20分の間の散歩が最適と言われています。座敷犬だと面倒くさがらず、ストレス発散や社会性を身につけさせるためにも散歩習慣化してあげましょう。
  • チワワの予防接種

    ブリーダーから購入したチワワが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、1ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。混合ワクチンは、生後2ヶ月くらいまでに1回目の接種をし、その後1ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつ、1年から3年に1回くらいというペースで 接種します。狂犬病予防接種は、チワワにとって一番怖い病気の1つです。チワワの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に1回のペースで接種します。また、寄生虫の一種であるフィラリアは、蚊を介して虫がチワワの体内に入り込みます。蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切なブリーダーから購入したチワワの為にしっかりと予防してあげましょう。


4.チワワをブリーダーから購入する際に知っておきたい毛色と毛質の違い


  • チワワの毛質

    チワワの毛質は大きく、長毛種のロング•へアードと短毛種のスムース•へアードに分けられます。ロングへアードは、毛が柔らかく、直毛、もしくはすこしだけウェーブがかかっています。耳と胸、足の後方、しっぽに多く被毛しています。スムースへアードは、柔らかく短い毛が密集していてツヤがあります。頭上と耳の毛は特に短い毛で覆われています。
  • チワワの毛色

    チワワの毛色には、単色、白地にはっきりとした色の班がある2色のパーティーカラーと3色のトライカラーがあります。チワワの毛色は多種多様に渡っています。単色は、クリームやセーブルをはじめとして、レッド、チョコ、フォーン、ゴールデンなどがあります。パーティーカラーは、ブラック&タン、チョコレート&タン、レッド&ホワイト、 ブラック&ホワイトなどがあります。その他、トライカラーになるとさらに多種多様になります。また、両目の上に眉のようなマーク(タンマーキング)が入るチワワも人気です。チョコレートタン、ブラックタンのチワワなどがいます。


5.チワワをブリーダーから購入した後の手入れ方法


  • トリミング

    トリミングサロンでのチワワのトリミングは体の大きさや毛の長さにもよりますが、標準的には1〜2ヶ月に一回と考えておくと良いでしょう。
  • ブラッシング

    抜け毛が多いロングのチワワは、ピンブラシで全身をブラッシングしたあと、最後にコームで仕上げます。換毛期は多量の毛が抜け落ちるため、いつもよりも念入りにブラシをかけて、かゆみの原因となる死毛(抜けて絡みついている毛)を皮膚に残さないようにしましょう。短毛のスムースは、ノミやホコリ取りのために毎日のブラッシングが理想的。獣毛ブラシを全身に滑らせ、毛の中の汚れまでしっかり取り除くようにしましょう。
  • シャンプーとリンス

    チワワのシャンプーは三週間に一回ほどのペースでやってあげましょう。また乾かしてあげるときに、ドライヤーをやるだけだと毛がもつれてしまうので、ブラシを使って優しく梳かしながら素早く乾かしてあげて下さい。


6.チワワをブリーダーから購入した後に気を付けたい病気


チワワと言えば水頭症といわれるほどチワワの中では有名な病気です。また脳炎などもチワワのような小型犬にはよくある病気でしょう。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。