ipet クイズ
こいぬすてっぷ
ブリーダーワンおすすめ優良ブリーダーをチェックする
ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバー

【ゴールデンレトリバー概要|ゴールデンレトリバー ブリーダー解説】
ゴールデンレトリバーは四肢を滑らかに動かして、大地を踏みしめるように力強く歩きます。また飼い主に忠誠を尽くし、天性の服従性を持つゴールデンレトリーバーは、あらゆる人々の友として、また家族の一員として共に暮らす伴侶犬として知られています。さらにゴールデンレトリバーは体を動かすことが大好きで、草原などを一日中駆け回っていても飽きることを知りません。こういった活動的な性格と、パワフルな体力を持っていることを十分把握した上で共に暮らさないと、問題行動を起こす犬になりかねません。毎日、肉体的な運動と知的な活動をしっかりとさせることが大切です。

【ゴールデンレトリバーの育て方|ゴールデンレトリバー ブリーダー解説】
●しつけを始める時期
ゴールデンレトリバー(他の犬にも言えることですが)のしつけの時期は早ければ早いほど良いと多くのブリーダーは言います。特にゴールデンレトリバーの場合には生後2〜3ヶ月が最適と言えるようです。しつけが遅れると犬だけでなく飼い主にも苦痛が増えます。言うことを聞かなくなる分、怒ることが増えますし、犬もなぜ怒られているのかわからない為、ストレスになります。

●トイレトレーニング
子犬の体調が良い日にトレーニングをしましょう。食事後などでゴールデンレトリバーがゲージ内のトイレでおしっことうんちをしたら、大げさなくらい褒めてあげて、ゲージの外に出して一緒に遊んであげましょう。20〜30分したらゴールデンレトリバーをゲージ内に戻してあげて、トイレをさせましょう。なかなかしない時はそのまま扉を閉め、ゲージに入れておきます。あまり長くゲージから出し過ぎるともらしてしまうので、このように20〜30分おきにゲージに戻す、遊ぶを繰り返してあげます。ブリーダー曰く、トイレのしつけは早いゴールデンレトリバーで7日間、遅いゴールデンレトリバーで2〜3ヶ月ほどかかりますが、焦らずにしつけていきましょう。

●無駄吠え
ゴールデンレトリバーは従順で無駄吠えも少ないわんちゃんです。ですが、子犬のゴールデンレトリバーは夜鳴きを繰り替えすこともあります。ゴールデンレトリバーが夜鳴きを繰り返す場合、色々な対策が考えられますが、電気を薄めに点けてあげたり、ぬいぐるみを置くなどが一般的です。他にはラジオをかけながら寝るのも良い方法です。ゴールデンレトリバーの寝る環境が落ち着けるかどうかも大きなポイントです。夜鳴きではなく昼間でも本格的にゴールデンレトリバーが吠えてしまうような場合は、しっかりと無駄吠えのしつけをする必要があります。例えばゴールデンレトリバーの子犬が突然吠えたら新聞紙などを使って驚かせること、床をたたくのもいいですし、安全なものを投げつけて大きな音をさせる、ペットボトルに金属製の音が出るものを詰めて投げる方法も考えられます。
●食事
ゴールデンレトリバーの食事の回数は、子犬なら3〜4回、成犬で1〜2回にします。 ゴールデンレトリバーが子犬の頃は胃袋も大きくはないため、食べ過ぎよりも腹八分で気持ち足りないくらいがちょうどいい目安です。15分程度ですべて食べてしまうくらいの量が適切といわれていますが、個体ごとに適量は違いますので、便の量や固さを見て調整してあげましょう。
●睡眠
ゴールデンレトリバーの子犬は一日に平均して19時間、成犬は12時間以上の睡眠が必要とされています。またゴールデンレトリバーは本来、薄暗い穴の中で睡眠を取る動物です。なので、可愛いと抱きたくなる気持ちを抑え、ゆっくりと眠らせてあげましょう。
●散歩
ゴールデンレトリバーは好奇心が強く、散歩が大好きです。散歩は運動不足やストレスを解消するためにも、かかせないものとなります。また、散歩によって他犬、や他人を学び、社交性や協調性が身につきます。散歩の時間を決めてしまうと、次第にその時間になると要求するようになってしまいます。歩くときは飼い主の歩調に合わせ、ゴールデンレトリバーが横にぴったり寄り添って歩くようにしつける必要があります。一度、引っ張る癖がついてしまうと、とても厄介です。訓練方法としては、ゴールデンレトリバーが前へ出ようとしたら、向きをかえて違う方法へ歩くようにします。これを繰り返して、ゴールデンレトリバーが前に出ないで自分からついてくるようになったら、よく誉めるようにします。
●予防接種(全部の犬に共通する狂犬病の予防接種など)
ゴールデンレトリバーが子犬のうちは母犬から免疫があるため病気にはなりにいくいのですが、一ヶ月頃から免疫が徐々に下がってくるため予防接種が必要です。
▶混合ワクチン:
生後二ヶ月くらいまでに一回目の接種をし、その後一ヶ月後に再び接種。その後は獣医の方と相談しつつですが、一年から三年に一回くらいというペースで接種します。
▶狂犬病予防接種:
犬にとって一番怖い病気の一つです。ゴールデンレトリバーの子犬の場合には生後90日から接種が可能で、その後は年に一回のペースで接種します。
▶フィラリア:
寄生虫の一種であるフィラリアは蚊を介して虫が犬の体内に入り込みます。このため蚊の活動時期が4月から11月ということを考えると、フィラリアの予防時期は5月から12月ということになります。フィラリアの予防は予防薬を飲ませるだけで簡単に与えられるので、大切な愛犬の為にしっかりと予防してあげましょう。
【手入れ|ゴールデンレトリバー ブリーダー解説】
ゴールデンレトリバーは、特に人とのかかわりを大事にする犬種です。ブラッシングは飼い主とのコミュニケーションをとるということで、ストレス解消にもなります。お手入れは大事な時間ですので、ゴールデンレトリバーが気持ちよくなるようなブラッシングをしてあげてください。また、ゴールデンレトリバーの体を触ってあげる事で,怪我やゴールデンレトリバー特有の病気の早期発見にもつながりますので普段と変わった事がないか、お手入れをしながら良く見てあげてください。ゴールデンレトリバーを、乾燥している時期にするブラッシングするときは、リンスを少し溶かしたお水やスプレーなどでさっと表面を濡らしてからすると犬の嫌がるパチパチ静電気の防止にもなり、ゴールデンレトリバーの美しい毛を傷めずに綺麗に仕上げられますよ。
【代表的な病気|ゴールデンレトリバー ブリーダー解説】
ゴールデンレトリバーの有名な病気は股関節形成不全です。また陰睾丸や外耳炎などもゴールデンレトリバーのようなわんちゃんにはよくある病気でしょう。手入れや食事に気を使ってあげるだけなどでなく、万が一に備え、保険などに入っておくといいかもしれませんね。

【地域別ゴールデンレトリバー ブリーダー子犬一覧】
北海道地方 札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧/帯広地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
東北地方 宮城(仙台)/福島/青森/岩手/秋田/山形地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
関東地方 東京/神奈川(横浜)/埼玉/千葉/茨城/栃木地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
甲信越地方 長野/新潟/群馬/山梨地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
北陸地方 石川(金沢)/富山/福井地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
東海地方 愛知(名古屋)/静岡(浜松)/岐阜/三重地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
関西地方 大阪/兵庫(神戸)/京都/滋賀/奈良/和歌山地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
中国地方 広島/岡山/山口/島根/鳥取地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
四国地方 愛媛/香川/徳島/高知地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬
九州/沖縄地方 福岡(博多)/熊本/鹿児島/沖縄/長崎/大分/宮崎/佐賀地域のゴールデンレトリバー ブリーダー子犬

※できるだけ客観的かつ正確な記載を心がけておりますが、ブリーダーワンのホームページに記載される意見、
主張、立場および見解は、一般的な学説などとは一致しない場合があり得ます旨、ご了承頂ければと思います。

お気に入りのわんちゃんは見つかりましたか?ブリーダーワンは全国のブリーダーの子犬を紹介する、獣医監修のマッチングサイトです。ブリーダーさんへのお問い合わせも簡単にでき、地域・値段・毛色・性別などお好みの条件での検索も可能です。家族の一員となるわんちゃんをブリーダーワンで安心してお探しください。