豆知識31:チワワの噛み癖を治す方法|チワワが噛む理由

チワワに限らずどんな犬でも、一度付いてしまった噛み癖を後から治すのは難しいものです。チワワに噛み癖の傾向がみられるようだったら、早急にしつけをすることをおすすめします。チワワは小さい体ですが、やはり噛まれると痛いです。「可愛いから」と噛み癖を許していたら、チワワは優位性を感じ始め、主従関係が逆転し、本気で噛み付くようになり手に負えなくなります。

1.チワワが噛む理由

チワワの甘噛みは、兄弟喧嘩のように単にジャレて噛む場合もありますが、相手の反応を見るための行為でもあります。本来であれば、チワワの親犬が子犬の甘噛みに対して、毅然とした態度でしかりつけます。生後3週間~2ヶ月くらいの間で、兄弟喧嘩の中で噛んで良い強さを理解し、やって良いこと、悪いことを親兄弟から学んでいきます。しかし、近年のペットブームとチワワ人気で、チワワは親兄弟から学ぶ間もなく販売されてしまうことも多くなりました。つまり、チワワが人間に対して噛んでしまう大きな理由のひとつが社会性の経験不足です。そのため、飼い主がチワワに社会性を教えていく必要があります。

2.チワワの噛み癖を治す方法

チワワの噛み癖を治すには「噛んでしまうと面白くないことが起こる」と学習させるようにしつけをしていきます。チワワが甘噛みをしてきたら、毅然とした態度でチワワを仰向けにし、低い声のトーンで「ダメ」言い、しっかり視線を送り手をチワワの口で閉じてください。そうするとチワワは自然に噛めなくなるため、そこでチワワを褒めてあげましょう。これを何度も繰り返すことでチワワが学習していきます。

もしチワワの噛み癖を治さなかった場合、例えば、他人に本気噛みをして怪我をさせてしまったりしたら、大きな問題になります。飼い主の責任問題になるでしょう。そうなる前に、チワワの噛み癖をしっかりとしつけを行うことが、結果として愛犬を守ることに繋がります。

チワワの子犬を探す