豆知識2:チワワの寿命は長い!|チワワを長生きさせるためにできること

チワワの寿命をご存知でしょうか。大切なチワワにはできるだけ長生きさせてあげたいですよね。飼い主の心掛け次第で、チワワはより健康的に長生きすることができます。チワワの寿命を延ばしてチワワとの素敵な生活を送りましょう!

1.チワワの平均寿命

世界最小の犬と言われているほど、小さくて華奢なチワワ。そのか弱いルックスから短命のイメージを持たれがちですが、チワワの平均寿命は15歳前後と実は長寿犬なのです。日本で最も長生きしたチワワは25歳で、人間で言うと100歳を大きく超えておりとても長生きしたことが分かります。例えばゴールデンレトリバーなどの大型犬の平均寿命は10歳前後であることからも、チワワの寿命が長いと言えます。

2.チワワの寿命を延ばすために飼い主ができること

チワワの寿命が長いと言っても、飼育環境など外部の要因によって寿命は変わってきます。チワワ特有の性質から、飼い主がチワワの寿命のためにしてあげられることを心掛けましょう。

温度調整を徹底する

チワワは他犬種に比べて突然死の割合が多いのです。もともとチワワは心臓が強くなく先天性の脳の病気にかかりやすいことから、発作を起こしやすいと言われています。さらにチワワは暑さと寒さの両方に弱く、真夏や真冬の大きな気温の変化から体調を崩しやすいのです。そのような体力が低下している時に発作が起こると危険です。日頃から、チワワが過ごす環境の温度調整に気を付けましょう。

チワワの頭に衝撃を与えない

大半のチワワの子犬の頭蓋骨には泉門開口(ペコ、モレラ)という穴のような隙間があります。成犬になってもその穴が閉じないケースも多いため、チワワの頭を叩くなどの衝撃を与えないようにしましょう。また、段差のあるものを置かない・角がある家具を置かないなど、チワワが安全に過ごせる環境を整えてあげることが大切です。

食事管理をする

チワワは体が小さい分、寿命における食事の影響が大きいです。チワワに限らず犬にとって肥満は厳禁ですが、やせ過ぎも心配です。特にシニア犬のチワワには、食事量が減らないように注意してあげましょう。成犬チワワの平均体重は2.7~3kgで、一日に必要なエネルギーの目安は315~533Kcalです。成犬チワワが一度肥満になると体重を落とすのは難しいため、子犬の頃からの食事管理をきちんとしてあげましょう。

チワワの子犬を探す