豆知識1:チワワは毛色によって性質は変わる?|チワワの多彩なカラーバリエーション

チワワの毛色には多彩なバリエーションがあります。毛色によってチワワの性質に違いはあるのでしょうか?また近年のチワワの人気色はどんなカラーなのでしょうか?愛らしいチワワの魅力をさらに高めるチワワのカラーについてご紹介します。

1.チワワはすべての毛色が認められている

チワワの毛色は、ブラック・クリーム・ホワイト・フォーン(薄茶)・レッド(茶色に近い赤)・チョコレート(濃茶)・ブルー(灰色に近い青)・のベージックカラーの組み合わせで構成されています。また、チワワは基本的にすべての毛色が認められており、ベーシックカラーの単色のほか、2色で構成されるトライカラーや、3色で構成されるパーティカラー、全身がまだら模様のプリンドルカラーなどまさに十人十色、本当に多くのカラーバリエーションがあります。

2.チワワの毛色による性質の違い

同じく多彩なカラーバリエーションがあるトイプードルは、毛色によって性格の違いがあると言われているのに対し、チワワには毛色の違いによる性格の差は認められていません。また、ロングコートチワワとスムースチワワについても、原種の違いはありますが基本的な性格にほとんど差はないと言われています。そのため、チワワの子犬を選ぶ際は、毛色の好みや個々の性格の相性を重視することをおすすめします。

3.チワワの最新・人気色

チョコタンやブラックタンなどのタンカラーが人気!

チワワの両目の上に眉のようなマーク(タンマーキング)が入るタンカラーが人気です。特に、チョコレートとタンで構成されているチョコタンと、ブラックとタンなどの茶褐色のカラーで構成されるブラックタンが広く支持されています。

不思議カラーのイザベラ

チワワのイザベラは、ブルーとチョコレートの中間のような絶妙な色です。光の加減で見え方が変わる不思議カラー。画像では本当の色が伝わりにくいため、イザベラのチワワを飼いたい人は、実際に目で見て確かめることをおすすめします。

定番カラーのフォーン

チワワのフォーンは、金色がかった薄茶色のベージックカラーです。定番カラーで親しみやすさが特徴。フォーンとホワイトのパーティカラーも人気です。

チワワの子犬を探す