豆知識7:トイプードルをブリーダーから迎え入れるのは敷居が高い?

トイプードルを迎え入れる時、ブリーダーは敷居が高く、近くのペットショップで探す方がお手軽だと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、健康で可愛いトイプードルを選ぶためには、優良ブリーダーから子犬を紹介してもらうのが一番。ブリーダーからトイプードルを迎え入れるのは決して敷居が高いことではなく、良質な子犬と出会うための近道です。

1.トイプードルをブリーダーから迎え入れる3つのメリット

1.健康なトイプードルを選べる

優良ブリーダーは子犬の健康を一番に重視します。適切な血統管理と衛星管理のもとで繁殖や飼育を行うため、遺伝性疾患や感染症の心配がありません。
また、ペットショップでは生後45日程の子犬が、母犬から引き離されショーケースに並べられます。一方でブリーダーのもとで飼育される子犬は、飼い主に迎えられるまでの間、母犬や兄弟犬と共に過ごすため、社会性を身に付けることができます。子犬の見学時には親犬も一緒に見ることができるため、親犬の血統を確認できるのも良いところです。

2.トイプードルに関する相談相手ができる

ブリーダーはトイプードルのプロです。トイプードルに関する十分な知識と経験を持っています。ブリーダーは、生涯大切に育ててくれる飼い主に子犬を譲りたいと考えています。子犬を迎え入れた後も、飼育方法や健康についてアドバイスをもらえるでしょう。

3.トイプードルの値段がペットショップよりも安い

トイプードルの値段は、サイズや顔つき、血統など様々な要素で決まります。トイプードルの個体やブリーダーによって値段は様々ですが、市場や仲介業者を経由するペットショップでは、一般的にブリーダーよりも値段が高い傾向があります。良質なトイプードルを安く迎え入れることができるのも飼い主にとって嬉しいところです。

2.トイプードルの優良ブリーダーとの出会い方

個人的に優良ブリーダーを見付けるのは難しいですが、ブリーダーマッチングサイトを利用すれば多くのブリーダーを比較しながら探すことができます。サイトで気に入ったトイプードルの子犬を見付けたら、必ず直接見学に行きましょう。ブリーダーがどのような環境で、どのような意識を持ってトイプードルを育てているのかを、自分自身でしっかりと確認することが大切です。

トイプードルの子犬を探す