豆知識10:トイプードルの体重|トイプードル健康管理に適正体重を知る方法

子犬のトイプードルは、驚くほど小さくて心配になるほどですよね。そんなトイプードルも成犬になるにつれて、サイズや体重に個体差が出てきます。トイプードルに限らず犬にとって肥満は禁物ですが、小さすぎるのも心配です。愛犬の体重が適正かどうか、調べる方法をご紹介します。

1.トイプードルの平均体重

トイプードルにはもともと規定体重はありませんが、成犬時の平均体重は一般的に3~4kgです。トイプードルの体重は生後半年間ほどで急激に増加し、その後はあまり変化がありません。このことから、一般的に子犬を迎え入れる時期である生後2~3ヶ月目の子犬の体重から、成犬時の体重の目安を予想することができます。生後2ヶ月目の体重から約3倍、生後3ヶ月目の体重から約2倍が成犬時の体重の目安となるため、体重管理に役立てることが可能です。

2.トイプードルの肥満チェック

愛犬を甘やかしている飼い主に特に多いケースですが、最近はおやつの与え過ぎなどによる肥満犬が増えています。あなたのトイプードルは大丈夫でしょうか?トイプードルの肥満のチェックポイントをご紹介します。

トイプードルの見た目でチェック

  • 1.トイプードルを上から見て、肋骨から腰にかけてのくびれが分かるかどうか。
  • 2.トイプードルを横から見て、胸、お腹、脚の付け根のラインが地面に対して弧を描くようになって反っているか。
  • 3.首から肩にかけてシワが寄ったりしていないか。

トイプードルを触ってチェック

  • 1.お腹まわりやくびれなど、全体を触ってチェック。触った時に体がたるんでいないか、引き締まっているか。簡単に脂肪が摘めるかどうか。
  • 2.のどの肉がたるみ、多くの肉を簡単に摘めるかどうか。
  • 3.尻尾の付け根に余分な脂肪がついていないか

3.トイプードルの食事管理をきちんとしましょう

犬にも散歩など適度な運動は必要ですが、人間のダイエットと違いたくさん運動をすれば良いという訳ではありません。トイプードルが健康的な適正体重を保つためには、飼い主がきちんと食事管理をしてあげることが必要です。
まずトイプードルの子犬を迎え入れた直後は、それまで食べていたフードを同じ量と回数で与えて、徐々に新しいフードに慣れさせると共に、月齢に応じてフードを切り替えます。トイプードルは小型犬のため、本来は小食で多くの食事を必要としません。ドッグフード以外の人間の食事や頻繁におやつを与えるとトイプードルがクセになってしまい、肥満に繋がるのでやめましょう。また高齢のトイプードルは食事量が落ちないように気を付けてあげましょう。

トイプードルの子犬を探す