しつけに関する基礎知識

子犬の頃のしつけしたことは成犬になっても覚えているものです。しつけの基礎を知ることで正しいしつけをしましょう。

しつけといっても難しく考えなくて良い

子犬は人間の子供と一緒です。いくら可愛くても悪いことをしたら悪いと教えてあげましょう。但し叱る時も褒める時も『短く』『めりはりをつけて』行うことが重要だとされています。何日も怒ったり、叱ったり叱らなかったりすると子犬は混乱してしまいます。もし、家庭でのしつけが不安であれば子犬と一緒にしつけ教室に通うのも手助けになる方法の一つではないでしょうか。一口にしつけと言っても、犬の性質によってに覚え方が違いますので『根気よく』教えてあげるいくのが基本です。無駄吠えは見えないところで大きな音を出すのが効果的です。トイレも同じことが言えるようです。決して飼い主の姿を見せてはいけません。悪いことをした後ケージにいれるのも効果がある様です。

しつけ教室や訓練は飼い主と一緒に

『しつけ教室や訓練に出したけども効果ない』なんて声を聞いたことはありませんか?実は飼い主と子犬が同じく訓練やしつけ教室に参加する場合としない場合ではしつけの効果に大きな違いがあるようです。というのは訓練師さんがしつけ教室で子犬にしている訓練と同じことを飼い主が家でも実践することでより効果が高まるからなんです。家に戻ったとたんに元と同じ環境だとなかなかしつけは身につかないようです。飼い主も出来るという自信を持って訓練・しつけ教室に是非参加してみてください。飼い主が不安な気持ちで犬と接するとその不安を犬は感じとるので飼い主の方が上下関係が下になってしまい、言うことを聞かないということが起こりうるのです。

上下関係で決まる

上下関係はつけることは犬を飼う上で非常に重要な要素になってきます。上下関係が犬より飼い主のほうが上回っていなければ、しつけやあらゆる場面で苦労することになるかもしれません。飼い主のほうが下にいると、言うことも聞かず逆にはむかってくるようになるのです。子供のように可愛がるのと上下関係は別ものですのではっきり区別つけなければいけないのです。この上下関係を教えるのは飼い主です。子犬のうちに覚えさせるのが1番効果的と言われています。上下関係というと常に厳しい態度で接すると思うかもしれませんが、褒める行動をとったときはすぐに褒めてあげましょう。また時間があいてから褒めても犬はどうして褒められているのかが分かりません。褒めすぎると逆に飼い主をなめてしまいますので注意が必要です。