パピートレーニングについて

パピートレーニングとは、子犬の頃の社会化のトレーニングを指し、成長していく過程で後々影響していきますのでとても重要なのです。そのうち代表的なパピートレーニングを紹介します。

トイレトレーニング

子犬のトイレトレーニングはブリーダーから家族に迎え入れた時点でほとんどが成功していると言われております。もちろん迎え入れるまでの飼育環境によってトレーニングの度合いはまちまちですので、たとえ失敗してしまっても根気よくトイレトレーニングに取り組みましょう。トイレが出来ていない場合は、ケージでトイレが終わってから出してあげる。そしてトイレをきちんとケージの中でしたことに対して毎度褒めてあげましょう。また、おしっこの臭いがついたペットシーツをトイレにおいておくとそこでするようになるとも言われています。室内犬の場合、部屋で1日中放し飼いにしておくと、子犬にとってはトイレが遠かったりしますので最初は狭い範囲で放し飼いにしてあげるのが良いでしょう。遊びに夢中になると、トイレまでたどりつかないといった声を良く聞きます。失敗してしまった時は淡々と片付ける。成功した時には思いっきり褒めてあげるのがより早いトイレトレーニング習得までの近道になります。

最低限のお座り・待て

お座り・お手は食事の前に教えると早いと言われています。理由はどの犬種も食事の前に教えたら早く食事をもらいたくて、これをしなければ食事はもらえないと判断するのです。食事の時以外にトレーニングをしたい場合は、食間にもフード1粒2粒でトレーニングすることも可能です。お手・お座りの言葉と行動が一致できるように反復訓練することで習得します。基本どの犬種も遅かれ早かれ覚えますので根気よくトレーニングしてみてくださいね。ついつい出来なかった時に『何で出来ないの』などと叱ってしまいがちですが、これは逆効果になりますので注意して下さい。子犬は人間の子供と一緒で褒めて伸ばす方法が最も良いとされています。褒められたという嬉しい経験が積み重なることで覚えるスピード吸収率もあがります。

散歩時の飛びつき

散歩時犬とすれ違いに飛びかかろうとする犬がいますが、実はこれもトレーニングで解消されるのです。まず、散歩時はフードまたはおやつ少量を持参しましょう。他の犬とすれ違う時には待てをさせます。最初は尻尾を下に引っ張り座らす。その時にご褒美少量を与える。そのまま待てと指示をすればOKです。座ったまま待てが出来たらまたご褒美。と繰り返すと徐々に覚えていき信号待ちでも待ての指示で座って待てをしてくれるようになるのです。小型犬は力が弱いのでそこまでしなくってもって思われるかもしれませんが大型犬は必ずトレーニングをしていなければ、予測しない場面で大変な事になる可能性もあります。