失敗しないトイレトレーニング

ケージ・サークルの用意を

一般家庭ではケージの中にハウスとトイレを設置するのが基本的といわれています。お部屋の広さに余裕があるならばクレートとペットシーツを敷き詰めたサークルを用意するとシーツの上がトイレだと認識するのが早いでしょう。サークルをトイレにすると目を放したとしてもちゃんとペットシーツの上でおしっこが出来るからお手入れも簡単。トイレがうまくいくまではなるべく監視が出来るときにサークルに入れてあげるのが良いでしょう。トイレが済んだ後は出して遊んであげて下さいね。遊んだ後はハウスで休ませるなどするとより効果的です。犬は子犬といえども賢いので、自分の寝床は基本汚すのは嫌いなのです。トイレが出来た時は褒めてあげてください。大げさなくらいに褒めてあげるのが大事です。中途半端に褒めても犬は認識しないとまで言われています。また、ペットシーツがトイレだと認識する様になるとペットシーツ1枚だけでもうまく上でしてくれるようになっていきます。それまで徐々にトイレの範囲を小さくすることで徐々に慣らして下さい。

失敗しても怒らない

万が一、トイレを失敗しても決して怒らないで下さい。怒るといけないことだと認識してしまい、隠れておしっこをするようになってしまったりもします。片付け除菌・消臭は無言でをすることが1番です。最初は失敗してしまっても、成功して褒めることを続けていると必ず覚えますから根気よくトレーニングに取り組んでくださいね。   

トイレに連れていくタイミング

トイレは食後・運動後・寝起き・お水を飲んだあとはする事が多いです。このタイミングでサークルに入れてあげることで上手く行く確率が高くなるでしょう。万が一、トイレで遊びたがる子犬であれば、飼い主は姿を消してみて下さい。遊べないと分かるとトイレをする場合が多いといわれています。サークルに入れる際には『しーしーやうんうんしなさい。』など何でも良いので固定した言葉をかけるとその言葉でトイレをするようになりますので後々楽です。毎回かける言葉が違うと子犬は混乱してしまいますので注意が必要です。室内犬は特にトイレの問題が1番多いといわれています。子犬と楽しく生活していく上でトイレもルールとして覚えさせることで楽しい子犬との生活が出来ますね。