成犬と子犬と一緒に飼うコツ

成犬を今買っているけど、子犬と一緒に飼っても大丈夫なの?気を付けておきたいポイントは?成犬と子犬を一緒に飼う際のコツ。

先住犬の成犬を大事にする

子犬を迎えいれたからといって、子犬ばかりをかまってしまい成犬とのコミュニケーションが少なってしまう。これは成犬にとってかなりのストレスになると考えて下さい。もし成犬が飼い主とのコミュニケーション不足の原因が子犬のせいだと分かると子犬を攻撃したりと問題を起こす可能性だって出てくるのです。生活はいままで通り、成犬を優先にされた方が生活がうまく行くことが多いようです。

いきなり子犬との接触は避けてください

人気犬種であるトイプードル、チワワ、柴犬、ポメラニアン、ブルドッグ、パグ、コーギー、パピヨン、ヨークシャーテリア、ミニチュアダックスフンドなど全ての犬種は甘えん坊な子が多いです。今まで1匹で飼われた子は飼い主の独占欲が強いので子犬の購入後はいきなり接触はさけた方がいいかもしれません。何故かというと、飼い主が子犬に取られると思い攻撃する可能性もあるのです。子犬をケージに入れ、少しずつ距離を近づけていって慣らしてあげましょう。急がず時間をかければ同じ家族だと認識するときが来ますのでそれまでじっくりと様子をみる事です。

成犬との時間を作る

今まで1匹飼いをされていたにも関わらず、いきなり子犬に目がいってしまうと成犬は飼い主の目を引こうとおしっこを違うところでしたり何か物を壊したりと今まではしなかったイタズラや問題のある行動を起こすことがあるようです。そのことに気付かず、成犬を怒ってしまったら、それもまた逆効果。今までと違う行動をしているということは、何か訴えることがあるんです。それを飼い主は気づいてあげましょう。成犬との時間を今までどおりに作ってあげる。優先は成犬からなど少しの心がけで成犬も安心を取り戻すでしょう。この順位を守ることで成犬も飼い主との信頼が崩れず子犬に対しても面倒をみてくれたりするようになるのがよくあるパターンのようです。