井形眞太郎ブリーダーインタビュー|トイプードル|大阪府

1254view
Pocket
LINEで送る

子犬を選ぶ際に、どんなブリーダーに育てられた子犬なのか気になりますよね。そこで、ブリーダーワンがおすすめの優良ブリーダーを厳選して紹介します。 今回は、井形眞太郎ブリーダーをピックアップ! ブリーダーワンのスタッフが井形眞太郎ブリーダーの犬舎を訪れて、子犬に対する想いやブリーディングへのこだわりなどをインタビューしました。

井形眞太郎ブリーダー(トイプードル)のブリーダー情報

ブリーダーワンがおすすめするのは、大阪府でトイプードルをブリーディングしている井形眞太郎ブリーダーです!

今回ブリーダーワンスタッフは、ブリーダーの傍ら、書道や詩吟などの活動もされているという異色なブリーダーにインタビューしてきました! 井形眞太郎ブリーダーは、犬たちの健康管理を最も大切と考えており、食事や生活環境の管理を徹底しています。またお客様との繋がりをとても大切する素敵なブリーダーです。

井形眞太郎ブリーダー
体が柔らかい(!)井形ブリーダーとトイプードル

ブリーダーデータ

井形眞太郎ブリーダーへインタビュー

Q.井形ブリーダーがブリーダーになったきっかけを教えてください。

犬と関わることになったそもそものきっかけは、少年時代に祖父がシェパードを飼っていたこと。祖父が依頼していた訓練士がシェパードをトレーニングする姿に憧れを抱き、大型犬が好きになりました。
社会人になってからは自分でドーベルマンを飼い始め、過去に見た訓練士のトレーニング法を思い出しながら自分でもやってみました。自宅の庭でトレーニングやしつけを行ううちに、最終的には「守れの命令で、誰かが物を盗もうとしたら怒って吠える」といった高度なことまでできるようになりました。

その後は、シェットランドシープドック(シェルティ)の交配・出産を経験し、本格的にトイプードルチワワヨークシャテリア(ヨーキー)、のブリーディングを始めました。
ブリーディングを始めて10年程度になり、現在はトイプードルのブリーディングを専門におこなっています。

Q.井形ブリーダーが思うトイプードルの魅力はどのようなところですか?

トイプードルは他の犬種に比べて、出産やお手入れの面でお世話が簡単なところが魅力だと思います。また、チワワなど他の小型犬だと難産で帝王切開になることもありますが、トイプードルはそのようなことがありません。抜け毛も比較的少ないです。

私は、ブリーダー以外にも詩吟や書道、健康体操など様々な活動をおこなっていますので、常に効率的な時間配分を意識して生活しています。以前はチワワヨークシャテリア(ヨーキー)もブリーディングしていましたが、詩吟などの他の活動との両立が難しくなったため、現在はトイプードルのみを取り扱っています。
このように、トイプードルは忙しい人にもおすすめの犬種ですよ。

井形眞太郎ブリーダー トイプードル
井形ブリーダー犬舎のかわいいトイプードル

Q.小形ブリーダーがブリーディングする上で徹底していることを教えてください。

ブリーディングをおこなう上で最も大切な要素は、犬の健康管理だと考えています。
犬たちが常に清潔でいられるように、トリミングの学校と提携し、定期的にトリミングやグルーミングをおこなっています。
毎年のワクチン接種はかかさずおこなうと共に、日常的には便の確認など病気の予防とチェックを徹底しています。
食事はドライフードに加えて、肉、カルシウム、野菜、乳製品などをバランスを考慮して与えることにより、毛艶が良くしっかりとした骨格に育つよう配慮しています。また子犬の成長にとって、良い母乳を与えてあげることが大切なので、母犬の健康状態にもしっかり気を遣っています。

また、犬たちが過ごす生活環境にも気を遣っています。犬がストレスを感じないよう、全頭を一度に庭に出すのではなく、2回に分けて庭で運動させています。そうすることで、観察していると健康状態がよくない子がいた場合に、すぐに気づくことができるのです。

さらに、「しつけが良くできている」とお客様たちから評価してもらえるよう、しつけも常に意識して育てています。お客様にお引き渡しする際には、「飼い方マニュアル」を一緒にお渡しして、丁寧に説明するようにしています。

井形眞太郎ブリーダー
トイプードルたちが運動する清潔な庭

Q.ブリーダーとしてのやりがいはどのようなことでしょうか?

ブリーダーワンを通じてお客様との交流がとても増えました。お譲りした子犬たちに関する喜びのメールや写真を送ってくれたり、中には遠くから犬舎まで子犬の成長ぶりを見せに来てくれる人もいます。
このように、お客様と交流できることはブリーダーとしてとてもうれしく、また信頼関係を築いていくことはブリーダーの使命のひとつだと思っています。
当犬舎は、特別「お店」を構えているわけではありません。見学の際には、犬舎の家庭的な雰囲気を味わっていただけたらと思います。

井形眞太郎ブリーダー
井形ブリーダー犬舎の様子

Q.子犬を探している人に子犬選びのアドバイスをお願いします。

子犬を迎え入れる前に、皆さんには3つのポイント伝えたいです。

ひとつめは、子犬が成犬になったときのことを考えて、犬の一生の生活に愛情が持てるかどうかです。そのためにも、出来れば両親犬を直接見て、成犬になった時のイメージをしてから判断することをおすすめします。
2つめは、飼いたいと思っている犬種についての知識を事前に身につけておくことです。その上で、実際にブリーダーのもとへ見学行った際に、疑問点を質問し、自分できちんと飼えるかどうかの判断をしましょう。
最後に、ブリーダーとの密接な信頼関係を築いておくことをおすすめします。子犬を迎え入れた後、万が一にもトラブルが生じた場合に備えておきましょう。

Q.最後に、井形ブリーダーの今後の目標をお聞かせください。

健康で良質な子犬をお客様にお譲りできるよう、ブリーディングの追求を目指しています。そのために、他のいろいろなブリーダーの参考にできることは随時取り入れていきたいと思います。

また、私は昔から、書道、健康体操、詩吟などの活動の指導者・役員としても活動しています。これからもブリーダーとこれらの活動を両立させていきたいですね。

井形眞太郎ブリーダー
井形ブリーダーの見事な書道

Pocket
LINEで送る

関連記事

トイプードルのアトピー対策|アトピーのトイプードルにおすすめシャンプー3選

アトピーは人間だけでなくトイプードルにもあり、愛犬のアトピーに悩んでいる飼い主が多いようです。愛犬のアトピーを、少しでも改善できる対策法があれば知りたいですよね。アトピーのトイプードルにおすすめしたいシャンプーと併せてご紹介します。 トイプードルのアトピーとは 全犬種の中でもトイプードルはアトピー(アト...

  • 1281view

ミックス犬の種類 | 話題のミックス犬・人気種類ランキング!

チワワとミニチュアダックスフンドのミックス犬、「チワックス」の人気が急上昇中な近年、チワックスだけでなくさまざまなミックス犬が誕生し話題を集めています。ミックス犬は「F1犬」、「デザイン犬」、「ハイブリッド犬」と呼ばれることもあります。ここでは、そんなミックス犬の人気の種類について紹介します。 ミックス犬とは...

  • 2990view

トイプードルをマッサージで癒やそう|関東の人気ドッグマッサージサロン

「トイプードルにマッサージ?」と驚く人もいるでしょう。日本ではまだまだ犬に対するマッサージはポピュラーではないものの、ペット大国のアメリカやペット先進国と言われるイギリスやドイツなどのヨーロッパにおいて、ドッグマッサージは珍しいものではなく普通に取り入れられています。馬術の盛んなスウェーデンにおいて、馬のリハビリや...

  • 1562view

トイプードルの薄毛と抜け毛の原因と対策

モコモコでクルクルの被毛が特徴的なトイプードル。様々なカットが楽しめる点も、ファンが多い理由の1つですよね。トイプードルは比較的抜け毛の少ない犬種なのですが、時に脱毛などの皮膚トラブルが見られることがあります。今回は、トイプードルの薄毛や抜け毛の対策について紹介します。 トイプードルの脱毛の原因 トイプ...

  • 3676view

犬にも冷え性ってあるの!?|犬の身体の冷えによる症状とその対策

本格的な冬がやってくると、寒さに弱い小型犬にとっては辛い季節の到来です。愛犬のために、ペットヒーターやペット用のホットカーペットなどを用意して、寒さに備えている家庭も多いでしょう。ところで、そのような寒さで体全体が冷えていることとは別に、愛犬の足先が冷たいと感じたことはありませんか? 意外だと驚かれる人も多いかもし...

  • 9376view

石崎ブリーダーインタビュー|大阪|トイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフンド、ミニチュアピンシャー

子犬を選ぶ際、その子犬がどんなブリーダーに育てられたのか、気になりますよね。そこで、ブリーダーワンがおすすめする優良ブリーダーを厳選して紹介します。今回は、石崎滋ブリーダーをピックアップ! ブリーダーワンのスタッフが石崎滋ブリーダーの犬舎を訪れて、子犬に対する想いやブリーディングへのこだわりなどをインタビューしま...

  • 2768view

トイプードルと行ける関東の海水浴場|トイプードルと海へ行く時の注意点

愛犬のトイプードルとの海水浴や浜辺の散歩など、絵に描いたような生活で憧れますよね。多くの犬は水が大好きなので、愛犬を一緒に海へ連れて行きたいと思う飼い主も多くいるでしょう。砂浜を走り回るトイプードルを想像しただけでうれしい気分になります。一方で、トイプードルと海へ行く際にはもちろん気を付けるべきことがありますが、ど...

  • 1983view

犬は飼い主の死を理解できる?犬にとっての飼い主の死

犬の寿命は犬種にもよりますが、およそ10~15年と言われています。愛犬を亡くした悲しみは「ペットロス」と言われ、前向きな気持ちを取り戻すまでにある程度の時間が掛かってしまうことも少なくありません。一方で、犬の方が飼い主の死を看取る立場になる可能性もないとは言えません。そのような場合、犬は飼い主の死を理解することがで...

  • 5700view